Top Page > 読書 > 投資関連本 > バビロンの大富豪を読んで

バビロンの大富豪を読んで

バビロンというと私と近い年齢では、ボボボーボ・ボーボボを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、世界史を高校の時に選択していた人の場合は、バビロン捕囚とかの方が有名かもしれません。

今回読んだ本は所謂古代都市バビロンでの富の基本原則をストーリーだててまとめたものです。

実に1920年代に発行された本で、90年以上前に書かれたものとなるのですが、現代のビジネスや資産運用にもつながることが書かれております。

基本的に以下の7章で分かれております。ストーリー的には富豪はいかにしてお金を貯めたかを、他の人たちに伝えると言った感じです。


スポンサードリンク

    第一の知恵:財布を太らせることから始めよう
    第二の知恵:自分の欲求と必要経費とを混同するべからず
    第三の知恵:貯めた資金は寝かさずに増やすべし
    第四の知恵:損失という災難から貴重な財産を死守すべき
    第五の知恵:自分の住まいを持つことは、有益な投資と心得よ
    第六の知恵:将来の保障を確実にすべく、今から資金準備に取りかかるべし
    第七の知恵:明確な目的に向かって、自己の能力と技量を高め、よく学び、自尊心を持って行動すべし

基本的には収入の1割を使わずに生活をすることを心がけて、1割分の使わなかった分を強制的に貯蓄し、やがて投資してお金を増やすということを、説いている内容になっています。

本多静六が収入の4分の1、福澤桃介が20%でしたが、10%のこちらはかなり現実的な感じになっています。借金を返す話もありましたが、収入の一部を借金の返済にあてつつも、収入の1割を強制的に貯蓄するというのは現代のローンを組んだ過程にも当てはまると思います。

個人的には書いてある内容については、となりの億万長者に通じる本じゃないかと思いましたね。90年前の本ですけど。

バビロン捕囚で有名なバビロンですが、バビロン捕囚はユダ王国のユダヤ人たちがバビロンを初めとしたバビロニア地方へ捕虜として連行され移住させられた事件です。お金に関する考え方に関しては現在のユダヤ人に通ずるものがあるのではないかとも思いました。実際移住したユダヤ人の一定数はバビロニアに残留したそうですし。

ともあれ大事なことは収入の身の丈にあった生活をすること。そして、その中から無理をしない範囲で収入の一部を強制的に貯蓄して資産を築く種とすること。これは年を取るまで必ず続けたいとこの本を読んで一層強く思いました。


関連記事
関連するタグ:読書 投資関連本 バビロンの大富豪 ジョージ・S・クレイソン 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR