関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 海外ETF > 自分の所有しているETFの現状を知る
海外ETF

自分の所有しているETFの現状を知る

週刊東洋経済やり直し相場ではじめるETF超入門を読んで

一昨日、東洋経済のETFの特集号について感想を書きました。その中で主要銘柄を国内上場、海外上場のETFの徹底評価が書かれていました。

上場が国内海外ともに全て掲載されていたわけではありませんが、自分の所有しているETFについてはメモがてら資産総額等をまとめようと思います。現状買ったらほぼ放置なため所有しているETFは以下の通りです。


  • バンガード米国トータル債券市場ETF(BND)
  • バンガード米国長期債券ETF(BLV)
  • SPDR バークレイズ ハイ イールド債券 ETF(JNK)
  • iShares米ドル建て投資適格社債(LQD)
  • iShares・コア 米国高配当株 ETF(HDV)
  • バンガードトータル ワールド ストックETF(VT)
  • バンガード米国増配株式ETF(VIG)
  • バンガード米国高配当株式ETF(VYM)
  • ヘルスケア セレクト セクター SPDR ファンド(XLV)

実に9本のETFを雑誌情報を基に切り分けますと以下のとおりとなります。

スポンサードリンク

ネット証券大手3社で取引可能で商品カテゴリごとに売買高上位50%に入る銘柄


    バンガードトータル ワールド ストックETF(VT)
    バンガード米国増配株式ETF(VIG)
    バンガード米国高配当株式ETF(VYM)
    ヘルスケア セレクト セクター SPDR ファンド(XLV)
    バンガード米国トータル債券市場ETF(BND)
    SPDR バークレイズ ハイ イールド債券 ETF(JNK)
    iShares米ドル建て投資適格社債(LQD)

やはり日本で購入可能になって期間が長いETFの方が売買高上位にいることが多いかなと思いました。しかし、VTって資産規模や流動性が、VIGやVYMといった増配や高配当といって米国への投資のものより小さいんですねぇ。資産規模や流動性考えたら、VTI+VEU or VXUS or VEAもありかなと思えてきます。

債券に関しては流動性はJNKや長期債のTLTの方が高いというのがわかりましたね。資産規模に関しては比較的値動きが小さいBNDとかの方が大きいようですが。

購入しているETFの中で資料に掲載されていないETFが2つあるが・・


バンガード米国長期債券ETF(BLV)
iShares・コア米国高配当株 ETF(HDV)

BLVに関しては短期債のBSVは掲載されているので販売されて半年程度しか経ってないのもあるかと。ただTLTに投資するとなるとBLVより値動きが激しいんですよね。それを考えるとBLVの方がいいかなと思ってます。

HDVに関してはJDRで1589が販売されいるのもあるような気もします。後、iSharesは似たような高配当ETFとしてSDYやDVYがありますからね。その影響もあるのかもしれません。

一応HDVのJDR版で国内上場の1589はデータと評価が載っていました。評価は◎○▲で◎の評価でしたが、流動性に関してはやはり問題があるようでした。

今回の東洋経済の特集で自分が所有しているETFの現状もある程度把握できました。この情報を基に色々と分析しながら、3カ月後に迫ったNISA枠投資の各銘柄の比率を慎重に検討したいと思います。

スポンサードリンク

シェアする
フォローする follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/641-a6784711
該当の記事は見つかりませんでした。