Top Page > 読書 > 投資関連本 > 大地震と株式投資を読んで

大地震と株式投資を読んで

書こうとした記事の情報がうまく昨日までにそろわないため珍しく週2で読書感想です。

ちょうど図書館で借りれるようになっているのに気づいて、数か月かかりましたが以下の本を借りれました。

株式投資と大地震を絡めて書いた本は例がないでしょうから、非常に魅力的かと思いました。

第1章のイベントXの発生と株式市場の反応は阪神大震災や東日本大震災、9.11のテロの後の株式市場の発生後1週間の様子を丁寧に解説していて良かったと思います。

発生のタイミングによって当時よりも株式市場がパニックで下がることがあり得るという認識を持てますし。

また、トヨタやスズキといった東海沖で地震が発生した場合、あるいは富士山で噴火があった場合に、富士山の近くに工場が集中している会社のリスクを指摘しているのはごもっともと思いました。日本式の生産って日本に合ってんじゃないかと、フォルクスワーゲンがやらかしたのを見て思えたりしますが・・

要するに企業によってはそういった地政学的リスクを抱えているので、投資をやるなら海外含めて分散してやりましょうという風に受け取りました。そして、大災害のリスクが自分の住んでいる地域の近くで起こりうるかは、想像しておいた方がよいかと思いました。

ただねぇ、この本読んでて思ったことがあります。


スポンサードリンク
例えば参考文献という感じで本の巻末に載っている場合があると思うのですが、それがウェブ上や通常の論文であれば、特に気にならないと思うのです。しかし、この本参考文献に、震災から1か月後ぐらいの週刊現代とか、ダイヤモンド、東洋経済、アエラ等とあります。

著者は日経の記者から客員教授を経た経歴ですが、地震専門家ではないと本にも書いてありますので、ちょっと偏った意見のみを抽出してしまっているのではないかなと。

実際に阪神大震災を経験しているのがあるのでしょうが、この意見に囚われていると投資に悪影響を及ぼす可能性もあるのではないかと思いました。

また、地震と津波、地震と原発という風な絡みは予測されておりますが、それを言っちゃうと中国の原発が事故って黄砂同様風に乗って日本へ・・というパターンも予測しないといけなくなっちゃうような気がしました。天津の事故とかを見てますと、ちゃんとした情報が隠ぺいされてる可能性もありそうですし。

退職金を東日本大震災の前に東電に投資していたとか、そういった著者と年齢の近い方には、こういったリスクがあるので、退職金で投資をするにしろ分散しないといけないということを、伝える意味ではいい本なのかもしれません。
関連記事
関連するタグ:読書 大地震と株式投資 「イベントX」をどう乗り越えるか 菊池誠一

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR