Top Page > 海外ETF > スマートベータの効果を米国株で確認してみると・・

スマートベータの効果を米国株で確認してみると・・

iシェアーズが国内初の最小分散ETFなど日本株を投資対象とするETF4銘柄を東証に同時上場予定

iシェアーズが最小分散ETFを東証に上場予定というニュースがありましたが、最小分散は国内外の機関投資家から最近注目を集めるいわゆる「スマートベータ指数」に分類される最小分散指数への連動を目指すETFも含まれていました。

iシェアーズの資料ではかなり効果があるように思われましたが、本家のアメリカではどうなのか?ということで調べてみました。

スマートベータの定義を調べてみると以下の定義のようです。
More thoughts on smart beta indices, strategies and ETFs
①最小分散/最小ボラティリティ ②最大分散
③リスクパリティ ④均等加重

では、実際のETFは何かないかを調べてみますと、以下の記事がら抽出していくとこの辺でしょうか?

5 Most Popular Smart Beta ETFs This Year
Smart Beta ETF List – New Trend in ETF Investing

iShares created a specific family of smart beta exchange trade funds which provide additional investment options for investors. The primary factors of these funds are based on quality, value, size and momentum.


  • iShares MSCI USA Quality Factor ETF (QUAL)
  • iShares MSCI USA Value Factor ETF (VLUE)
  • iShares MSCI USA Size Factor ETF (SIZE)
  • iShares MSCI USA Momentum Factor ETF (MTUM)
  • Guggenheim equal-weight ETF (RSP)
  • iShares MSCI USA Minimum Volatility ETF (USMV)

ということで記事からequal-weightやバリューサイズのスマートベータ、それからスマートベータに分類されていた低ボラティリティやモメンタムも比較を行います。


スポンサードリンク

直近1年でS&Pと各ETFを比較してい見ると


QUAL_151011_1y.png

スマートベータに区分されているETFは、S&P500に買っているものが多いですね。

Quality Factor(QUAL)、モメンタム(MTUM)、低ボラティリティ(USMV)は効果があるように思われますが、チャイナショックで下がった時に、低ボラティリティも一緒に下がっているのはどうにかならないんでしょうか・・

そして、iShares MSCI USA Size Factor ETF (SIZE)は良くわからない時期に急落しています。これは出来高が少ない影響ですかね?

では、期間を広げるとどうなるのでしょうか・
QUALの期間最大で見てみました。

期間最大でS&Pと各ETFを比較してい見ると


QUAL_151011_max.png

期間を広げてもiShares MSCI USA Quality Factor ETF (QUAL)とiShares MSCI USA Momentum Factor ETF (MTUM) が好調です。

Quality Factor とモメンタムに関してはS&Pに対して有効なようです。そしてスマートベータのETFはここ2年を見る限りS&P500に経強いては有効性がありそうです。

これが日本市場だとどうなるかという問題はあるとはいえ、アメリカ市場の結果を見ますと、スマートベータのETFを見ますと米国上場ETFは早く日本で販売開始にならないかなと思いますし、日本でもスマートベータ指標のインデックスファンドが出ないかなと考えております。
関連記事
関連するタグ:海外ETF スマートベータ iShares MTUM USMV

テーマ:海外投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR