関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 投資信託 > GCIエンダウメントファンド(成長型)とGCIエンダウメントファンド(安定型)
投資信託

GCIエンダウメントファンド(成長型)とGCIエンダウメントファンド(安定型)

エンダウメント投資戦略を読んで

昨日紹介した山内英貴氏のエンダウメント投資戦略という本。その中で山内氏のGCIアセット・マネジメントは新しいファンドを準備中と書いてあったのですが、どうやらそのファンドが販売開始になっていたようです。


  • GCIエンダウメントファンド(成長型) AC311159
  • GCIエンダウメントファンド(安定型) AC312159

上記の2つがGCIアセット・マネジメントのHPによると、楽天証券とSBI証券で買えるようになっているようです。販売開始してまもないようですが、中身の確認と、実際の値動きの確認をしてみようと思います。

信託報酬は実質運用管理費用年率1.152%(税込) とありました。ひふみ投信あたりの直販投信とそんなに差がないですね。ちなみに安定型と成長型の差を見てみますと・・

スポンサードリンク
GCIport.png

安定型は債券の比率が倍になり株式とREITの比率が低いのに対し、成長型は債券の比率が低く、株式やREITが安定型の2倍というポートフォリオでした。ただし、両方ともオルタナティブ戦略はポートフォリオの3割を占めていることになります。

では、実際の値動きはどうなっているのでしょうか?TOPIXやひふみ投信(9C31108A)、セゾン資産形成の達人ファンド96312073)と比較してみました。

GCI_1m_151022.png

TOPIXやセゾン、ひふみと比較して、下落と上昇の幅が狭く、ボラティリティが低いようです。オルタナティブ戦略はボラティリティを下げる効果が今のところ見てとれます。

運用開始して1カ月経過しておりませんので、資産規模も両方とも1億円台のようです。まだSBI証券と楽天証券でしか買えないようですが、今後販売網を拡大していくのでしょうか?

期間を置いてまた観察してみたいなと思いました。 follow us in feedly

スポンサードリンク
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/674-99841386
該当の記事は見つかりませんでした。