Top Page > 日記 > 残業をするということ

残業をするということ

今週出張があったのですが、
その中でお客様のお偉いさんよりこのプロジェクトを絶対に成功させましょう
というありが~いお言葉をいただいたのです。

するとどうでしょう。定時を過ぎてもだれも帰らない。
まぁ、要件がありましたので僕も残ってたんですが、
皆帰らず19時半ぐらいになる。

みんなややだれ気味で雑談しながらもだれも帰らない。
20時にようやく帰り、腹を決めて21時半まで残業。

やることが終わってるのに全員につられてダラダラして、
結局家に帰り着いたのが23時過ぎ。
う~んどうなんでしょ?


スポンサードリンク
僕は仕事が終わったらちゃっちゃと帰るという主義です。
自分だけ帰ってずるいとか思う人がいたり、
残業中毒になって残業するのが当たり前の23時帰宅する人がいます。

確かに残業するということはお金を稼げることになるのですが、
僕は睡眠時間確保しないと頭の稼働率が落ちてしまうタイプなので、
ダラダラ残業してるのはどうかと思うんですよね。

別にホワイトカラー推進の残業代ゼロを推進しろというわけではありません。
ワタミみたいな企業増やしたら死人が増えるだけですし。

そりゃ土日でないといけないことや、
深夜に作業しにゃきゃいけないって時はやりますけど、
もう少し自分の時間を大切することって重要なんじゃないでしょうかねぇ。

曲がりなりにも今の企業に勤めて2度目のワールドカップがやってきますが、
こういう風土がまかり通っている部署ってどうよ?と思います。







関連記事
関連するタグ:残業 時間

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR