関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 読書 > 投資関連本 > お金が貯まる人となくなる人の習慣を読んで
投資関連本

お金が貯まる人となくなる人の習慣を読んで

最近節約本を読んでいないなということで図書館で探しておりましていい感じの本を見つけましたので読みました。

著者の山崎俊輔氏はオタクFPを自称しており、コミックの蔵書は3000冊以上、コミックレビューのコラムを連載しているほど漫画、ゲーム、アニメが好きだそうです。

お金が貯まる人となくなっていく人の違いを「考え方」や「行動」から見た本で、お金が貯まる人となくなっていく人の行動を対比して項目を50個程度上げております。

その中から個人的にお金が貯まる人の習慣として当てはまるなとか共感できなという項目をピックアップしますと以下の通りでしょうか?

スポンサードリンク

  • お金がかかる趣味も持っている
  • 健康も財産と考えて運動する
  • 年金は破たんしないが減ると思う
  • インフレを先取りする
  • 予算枠を持っている
  • 毎日500円玉貯金ができない
  • 家計簿をつけて反省しない
  • 負けない投資を目指す
  • スマホで投資を始める
  • 株価下落をチャンスと思う
  • 節約で儲ける

ライフプラン、仕事と転職編は当てはまるものはなかったのですが、それ以外の5章までに関してはお金が貯まる行動して上げられていたものに該当するものが多い印象を受けました。

基本的に投資に関してはほぼ同じ行動かと思いますね。同じ章で証券口座のパスワードを忘れる人はお金が貯まるとありましたが、流石にそれはまずいだろと思いますがw

他にも当てはまならい項目は貯まらない行動も含めていくつかはありました。

個人的には「お金がかかる趣味も持っている」というのはあるかなと。コストに見合った満足を変えているかどうかを追及するというコスパを意識して行動することの重要性を感じました。

ようは自由に使える枠を意識しながら満足をするということですね。

比較的お金がかからない趣味でスポーツ観戦が上がっていましたが、実際にスタジアム行ったりCSorJCOM入ったりすると結構かかるとは思いました。

逆に金のかかる趣味でコミックやアニメに関してはグッズに手を出さなければそこまでお金をかからないんじゃないかと思いますね。

まぁ、ニコニコ+東京MX+BS11の録画でなんとかなってしまうんですが、個人的に評価している作品の売り上げが微妙な場合DVD買って支援した方がいいのかな?と思うときはあります・・

本全体としては貯蓄と投資を始めるきっかけの本として評価できると思います。個人的にはまずは自分を見直すきっかけとし、気に行った項目の行動を取るのがよいではないかと思います。20代の時に読んでおいて損はない本ではないかと思いました。
follow us in feedly

スポンサードリンク
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/690-c6576613
該当の記事は見つかりませんでした。