関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 読書 > グレートカンパニーを読んで
読書

グレートカンパニーを読んで

以前以下でちらっとふれた本の感想を今日は書きたいと思います。

信頼は大事だよという話

フォーブスの人気コラムニストが書いた本でシリコンバレーからウォール街まで全米企業を徹底取材しており、流石に人気があるだけのことはある内容だったと思います。

yahooのフォーブスジャパンの記事も結構面白いのが多いですし。

企業としては戦略やコストや数字関連の項目を含むハードエッジは重要ではあるけど、現代において永続する企業の条件とは「ソフトエッジ」が重要であると説いています。

そのソフトエッジは5つの項目からなり、「信頼」「知性」「チーム」「テイスト」「ストーリー」であると書かれています。

それぞれを企業や大学のフットボールチーム等の事例から説明しています。当然説明も理にかなっていて読みやすかったですね。

日本社会では該当する企業はごく少数だとは思うのですが、世界的な市場であるアメリカ市場で成功し続けるには、こういう条件にあてはまらないといけないのかなぁと思いました。

割と日本で受け入れやすい考えだと思うのですが、これを実践できている企業がどれだけあるのかなと。

スポンサードリンク
信頼は大事だよと言いますが、別プロジェクトの人間が全く他の人を信頼していない的なことを平気で言っている環境ですので、この本を読んだ後なだけに悲しくなってきます。

個人的には5つの項目のうち私の環境であてはまるのはチームの人数ぐらいじゃないでしょうか?

知性はないですが、知性の項目で上げられていた経験から学びとるってとても大事なことだと思うのです。特に顧客の意見を聞かずに失敗したことがあるため、顧客の意見聞かない人間(年上)に口酸っぱく確認した方がいいんじゃないですか?と言い続けているのですがいうことを聞かないのが最近の悩みです。

そのストレスのせいで最近体調悪いんですよねぇ・・

そしてこれは日本の企業に当てはまるのかもしれませんが、「テイスト」と「ストーリー」ってやっぱりアメリカの企業は上手いと思うのです。

「テイスト」に関しては顧客の感性に訴えかけて好きにさせるもの、「ストーリー」に関しては、顧客やファンが製品に関する物語を語るということが書かれていました。

「ストーリー」は顧客やファンだけでなくその企業で働いている従業員も一致団結させるというのは日本企業が昔持っていたものなのかなぁと思いました。私が所属している企業も5つの要素を満たすようになってくれるといいのですが・・

この本の中で事例として複数の企業が上がっていました。メイヨークリニックなんかは上場していないでしょうが、他の企業に関しては何社か上場している企業がありましたので、近いうちに本に出てきた企業の株価を調べてみようと思います。 follow us in feedly

スポンサードリンク
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/703-fdf7e725
該当の記事は見つかりませんでした。