Top Page > 海外ETF > iシェアーズiBoxx米ドル建て投資適格社債ETF(LQD)について

iシェアーズiBoxx米ドル建て投資適格社債ETF(LQD)について

利上げを乗り切る5つのポイントで上がっていた長期の投資適格社債(VCLT)について調べてみた

昨日はForbesの記事から長期の適格社債について調べました。各債券ETF毎に値動きに特徴がありまして、3年の標準偏差も異なっていました。

これらのETFを上手く組み合わせてディフェンスを意識した投資をしていきたいと考えております。投資している債券ETFを使って投資しようと以前投資比率を検討しました。

2015年下半期のNISA枠投資を検討するその1

利上げの影響が気になりますが、前回利上げ時の値動きをみてもそこまで影響があるように思えませんので、一定比率はいずれ来る下落相場のために組み入れたいものです。

米国利上げ時の株価などへの影響はどの程度か?

さて、御ボーナス様によるNISA枠投資で残っていた決断をしたいと思います。


スポンサードリンク

迷いに迷ったが・・


基本的にNISA枠の投資の中で債券の対象は以下と決めています。

  • バンガードトータル債券ETF(BND)
  • バンガード長期債ETF(BLV)

BNDはポートフォリオの先進国債券の肝であり、価格の変動が小さいものです。

そして、BLVに関してはTLTよりも標準偏差が小さく、リーマンショック時に株価と逆方向に動いたということでいずれ来る下落相場時のストッパーとする意味で組入れてます。

この2つだけでもいいかという考えがあったのですが、以下の標準偏差を見ますと・・

BND 標準偏差3年:3.04
LQD 標準偏差3年:5.03 
BLV 標準偏差3年:8.96

BNDとBLVの標準偏差の間の値のETFがあっていいんじゃないかと思いました。ということでLQDへの投資も行う結論に至りました。比率もBND:LQD:BLV=1:1:1で行こうと思います。

長期で見ると上手く分散できそうな値動きですし。ただ2007年で起点で見ると債券ETFもそれなりに下がることを意識しておく必要もありそうです。

LQD1y_151206.png
LQDmax_151206.png

日本や欧州は金融緩和をやってますし、特に欧州は緩和やり過ぎの印象も受けますので、

しばらくは将来的に人口が増加するアメリカの債券で問題ないと考えております。当然国内債券の変動10は一定比率は組入れておくべきという考えではありますが。
関連記事
関連するタグ:海外ETF LQD

テーマ:海外投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR