関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 投資哲学・投資理論 > サンフレッチェ広島とアビスパ福岡を見て思う。サッカーも投資も守りが大事と
投資哲学・投資理論

サンフレッチェ広島とアビスパ福岡を見て思う。サッカーも投資も守りが大事と

テンションが上がった状態で書いておりますので非常に長くなってしまいました・・

天皇杯が残っている状況ですが、Jリーグのリーグ戦の全日程が終了し、来年の各カテゴリに所属するチームが確定しました。

2015年Jリーグ展望

3月の開幕前に予想を行いましたが、主だったところをまとめると以下の通りです。

・浦和、FC東京が予想より上位に。
・穴で面白いと思った名古屋、新潟はずっこけ。特に名古屋は来年度かなり怪しい雰囲気を感じます。
・ガンバ、鹿島、川崎に関してはある程度当たってたかと。
・J2も千葉と磐田が見込み違いでした。千葉は予想以上に前線が点を取らず関塚は改善策を出せないままシーズン終了、磐田は外人2名が大当たりでした。
・大宮昇格、セレッソの後半戦失速と、福岡北九州が面白いというのは当てれたかと。

J1優勝のサンフレッチェ広島は若手育成期間で優勝狙うのは来年再来年という印象だったのですが、短期でここまでチーム力を上げてくるとは思いませんでしたね。

森保が有能というのは浦和が広島Bチーム化しても優勝できないのを見ていたら明らかであります。おそらく今回の優勝で2020年東京オリンピックの代表監督はこの人じゃないかと思う次第です。※ちなみに監督になる前年新潟でコーチをしていて、広島で監督になった年、新潟はJ2に降格しかけました。

さて、そんな中サプライズと言えば前年J2下位に沈んでいたアビスパ福岡の躍進ではないでしょうか?元々何故か5年周期で昇格をしており、1995、2005、2010年と昇格している周期に当たっていました。

昨年も前半は6位だったりと元J1なだけあって自力はありましたが、いかんせん経営の問題や場当たり的なフロントで迷走していたのですが、アパマンが経営に入って立て直しを計り、他チームに移籍していた選手が復帰し、井原が守備を整備したという要素がかみ合った結果の昇格だったと思います。

一昨年三冠のガンバや広島にも言えることですがJ1、J2にしろ守備が安定しないことには、上位に食い込めません。これは浦和がGK西川獲得後連続して2位になっていることからも言えます。アビスパに関しても昨年から大幅に失点を減らしたからこその昇格と思います。

そして日曜の昇格プレーオフを見ていて思ったのですよ。サッカーも投資も守りは大事だなと。

スポンサードリンク

サッカーと投資は似ている?


基本的には守り第一の負けない投資で行くことが重要なスタンスで投資を進めておりますが、プレーオフのアビスパではありませんが、後1点必要な時、すなわち攻めなければいけない時に攻める(下落時に投資する)ということもサッカーと投資で通じるものではないかと感じましたね。

もっともおもわず絶叫した中村北斗のゴールの時ほど投資では盛り上がることはないのですけど。

また引き分けでもいいという時にむやみに攻めずに守りを固めることは現時点での相場にも通ずるところがあると思うのです。グループリーグやリーグ戦の最終戦で引き分けならば優勝や突破のケースは特に点をやらないことが重要ですし。

ただし普段のリーグ戦では0-0では勝ち点は1のみです。その時その時のケースでよく考えて運用することは、
投資にも通じると思いますね。守りつつもカウンターで点を取り、勝ち点を積み上げていくための攻撃面も考えて投資を行いたいと思うものです。

また、アビスパは1-1ならば突破なので、0-1になっても同点に追いつくという条件を想定して練習しておいたそうです。つまり「0-1で負けていても慌てない(投資では下落してもパニックにならない)」ということが重要なんじゃないかと思いますね。

実際にセレッソは育成育成という割にスタメンは30代が多く、前半から飛ばしていて残り30分で足が止まると考えられ、アビスパが慌てなかった面もあったと思います。こういう面を冷静に見る目をサッカーでも投資でも養いたいですね。

まずは守りということと、各状況における対応の使い分けの事例は投資でも今後心がけたいと思います。

来年のアビスパについて


当然J2で3番目に昇格するわけですから18番目のチームだと思います。ですので来年は厳しい戦いとなると思います。2011年の降格はともかく、2006年の降格は入れ替え戦まで行ったにもかかわらず、そこで負けたのが痛かったかと。経営危機も2006年残留できていればその後が違っていたと思います。

今回の昇格でJ1からの引き抜きはそこまで心配がないと思いますが、何人かレンタル移籍でいる五輪代表候補(亀川、中村航輔)の引き留めが重要となるでしょう。

特に中村航輔は間違いなく日本代表になる器だとこの半年見ていて思いましたので、柏に菅野といういいキーパーがいる以上、本人のキャリアのためにも出場機会を得るためにレンタル期間の延長がベターだと思います。むろみさんの中の人(某国の姫)もお嘆きです
yukarioukoku.png

そして、これは今後にむけてですが経営危機を迎えないためにも、複数回降格してもJ1でタイトルを取った広島や柏を見習うべきかと。

ガンバもそうですが、この2チームはユースからの育成も素晴らしい。やはりチームとしての育成を強化すべきですが短期間で上手くいくものでもありません。

しかし、福岡という土地は東福岡や福岡大学と代表を輩出している優秀な育成機関があるのです。鳥栖や北九州との競争が今後激しくなるとはいえ、その地の利を活かして今後の運営に当たってもらいたいものです。 follow us in feedly

スポンサードリンク
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/727-dc36c90b
該当の記事は見つかりませんでした。