Top Page > 海外ETF > 近1年でどれだけ下がったか米国株ETFを確認してみた

近1年でどれだけ下がったか米国株ETFを確認してみた

昨日は先進国、新興国株、米国株と言う基準で比較を行いました。

年明けからどれだけ下がったかETFで確認してみた

中東情勢がこじれている状況ですので、中東やアフリカの先進国は原油価格の影響を受けるでしょうし、シリア情勢に大きく関与しているロシア、トルコも影響が大きそうです。

中国は言わずもがなですが、欧州も難民問題が更にこじれそうです。ドイツでは正月早々犯罪に走った難民がいたようで、おそらくメルケルは首相の再選はないと思われます。

となると日本かアメリカかとなるのですが、日本は週明け1週間見ても外的要因の影響による変動幅が他の市場と比べると大きいと思うのです。ということでやはり今年も米国株中心かなと思うわけです。

では、実際のところどうかということで確認してみました。今日はスマートベータと高配当&小型株をS&P500と比較してみます。まずはスマートベータ。以下のETFとS&P500で比較を行います。

  • iShares MSCI USA Quality Factor ETF (QUAL)
  • iShares MSCI USA Value Factor ETF (VLUE)
  • iShares MSCI USA Size Factor ETF (SIZE)
  • iShares MSCI USA Momentum Factor ETF (MTUM)
  • iShares MSCI USA Minimum Volatility ETF (USMV)



スポンサードリンク

米国株スマートベータETFとS&P500


MTUM1y160110.png

S&P500が青線なんですが、現状で上回っているのは、モメンタム(MTUM)と低ボラティリティ(USMV)ですね。

特にモメンタムは安定してS&P500に勝っている状況ですし、低ボラティリティも含めて早く日本でも買えるようになってほしいんですけどねぇ。仮にJDRで出してきてもこれならば買いますが。

では、高配当株と小型株はどうなのか?

米国高配当株、小型株ETFとS&P500


HDV1y160110.png

いずれもS&P500を下回っています。小型株は特性から2015年前半の好調な相場の時は勢いがありますが、株価が下がると下落幅も大きくなりますね。

そして、HDVは同じ高配当のVYMと違って分散数が少なく、昨年夏ごろはXOMとCVXが1割以上占めていてその影響でかなりパフォーマンスがよろしくおなかったのですが、最近はそこまで解離していないですね。

NISAのポートフォリオの核になっておりますので、とりあえずは一安心かなと言う感じです。

今年はかなり難しい相場になりそうですので、慎重に行動することと、基本はNISA枠で半月毎投資で、なんとか荒波を乗り切りたいなと思います。
関連記事
関連するタグ:海外ETF HDV MTUM VIG VYM VB QUAL SIZE USMV

テーマ:海外投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR