関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 節約 > 源泉徴収票が来たタイミングで昨年1年の支出等を集計してみた
節約

源泉徴収票が来たタイミングで昨年1年の支出等を集計してみた

源泉徴収票がようやく到着しました。昨年に引き続き確定申告を行う予定ですので、粛々と準備を進めたいと思います。

昨年の記事:源泉徴収票を見て思った

今年は前年のように海外ETFの売却はないものの、NISA口座外の海外ETFの分配金と、ふるさと納税の申請がありますので上手く平日を休んで申請に行こうと今のところ考えています。

休みの日はものすごく込みますからね。去年は8時に並んで出られたのが11時前でしたし。

さて昨年も行いましたが、税金を引かれた額から残った額のうち去年1年でどのくらい使ったのか知るのにいい機会かと。また、分配金やらの収入が全体の比率のどれくらいを占めるのかなと。

この額を知ることで、生活防衛資金的な現金でキープしている分で、仮に何年働かずとも生活できるか?ということも見えてきます。正確な値ではないにしろざっくり金額を知ることで、節約に活かせるのではないかということで調べてみました。

スポンサードリンク
源泉徴収票の税引き後の金額に対する割合で算出してみました。

貯蓄関連


    投資+財形貯蓄拠出分 56.15
    金投資 1.36
    投資+貯金総額 57.51

56.15%というのは毎月の25%貯金より多くないか?という話になるのですが、基本的にボーナス×2の手取り9割程度と手取りから天引きされている財形貯蓄が含まれていないためです。

今後何が起こるかわからないため、非常時の資金を貯めると同時に、節約をすることで生活レベルを左程落とさずに生活できると思います。

今回の数値はこの比率を維持していれば収入が減っても暮らしていけると言うことです。
引き続きこの比率を維持したいと思います。続いて支出面。

支出関連


    社内関連天引き 2.00
    住居費 7.37
    光熱費 2.60
    Tカード 9.43
    エポスカード 8.24
    携帯 1.75
    ネット 0.96
    ケーブルテレビ 0.91
    その他 0.66
    出費トータル 33.93

電気代や携帯代、ケーブルテレビ等をエポスカードの方に移行していますので、来年以降は必要ない項目かと。

それ以外でもカードの支払い増えてます。ディナーとかランチで現金払いたくない時にさっとカードだす癖がつきかけてます。現状は昨年比で左程増えてないので一安心です。最後に給与以外収入。

給与外収入関連


    出張費 7.99
    競馬 1.58
    分配金 2.78
    その他収入 1.63

給与外収入関連は上の2つの項目とは別額になりますので、比率は手取り収入の金額と比較しての割合です。競馬は回収率が落ちたために減少しておりますが、分配金はNISA1年目分のフル稼働の効果、その他収入はマクロミル1年フルの効果で、比較的伸びた項目と言えそうです。

出張費に関しては基本給与外とはいえ大半が移動費補てん分なので、下3つを今後増やしていければなと。目指せ下3つ合計で手取りの10%が当面の目標です。

まぁ、一番なのは給料が上がることではあります。月収1万上がるのは近いはずなんですけどねぇ・・ follow us in feedly

スポンサードリンク
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/789-2f38479c
該当の記事は見つかりませんでした。