Top Page > 読書 > 投資関連本 > 終わりで大きく儲かる「つみたて投資」を読んで

終わりで大きく儲かる「つみたて投資」を読んで

以前、半値になっても儲かる「つみたて投資」という本を読みまして、積立投資の有効性を説いていて非常に自分の投資スタンスと通じるものがあり、初心者の投資の学習の啓発にはもってこいの本でした。

そして、星野泰平氏の新しい書籍がちょうど出ていましたので、購入して読んでみました。

基本的には積立投資の有効性を説いていて途中下落に遭遇しても気にせずに積立をつづけることの重要性が例示されていてわかりやすかったです。

ちょうど株価が下がってきている時期なだけに、投資の啓蒙として有効な本だと思います。



スポンサードリンク
この本を読んで思ったのですが、株式が下がるとよく年金がぁという報道がでますが、高齢化が進んでいくわけですから、年金の一部に株式を入れて運用する必要があるかと。

資産の比率をこうすると過去のデータから、今後の運用の結果どうなるかとか、各資産はどういう特徴があるのかとか、運用について明確にして、資産運用について教育していくことは重要だと思うのです。

報道する側も簡易的に下がったとか、単なる政権批判にならずに、こういう下がるときもあり得るが、上がるときもあるということを、ちゃんと伝えないといけません。まぁ、報道がきちんとしていないから報道の中立性が問われているのでしょうけど。

ひたすら数量の組み合わせでもって投資を長期間継続することの効果を説いてますので、特に確定拠出年金の導入の際に読むべき本だと思います。

うちの会社もそうですが確定拠出年金に移行していく企業が増えていますので、このデータをうまく活用して少しでも資産運用について知識を持つ人が増えてくれればなと思いました。
関連記事
関連するタグ:読書 投資関連本 積立投資 星野泰平

テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR