関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 海外株式 > 米国株 > GoogleとAmazonとAppleについて最近思うこと
米国株

GoogleとAmazonとAppleについて最近思うこと

Google 12月期決算は増収増益、Appleを抜いてAlphabetが時価総額トップに

米Googleを傘下に置く米Alphabetが、2月1日(現地時間)に2015年度第4四半期(2015年10~12月期)決算を発表した。モバイル検索、YouTube、プログラマティック広告などが好調で、売上高、利益ともに市場の予想を大きく上回った。決算発表後、米株式市場の時間外取引でAlphabet株が上昇し、Appleを抜いて時価総額トップに躍り出た。

Alphabet全体の売上高は213億2900万ドルで前年同期比18%増。会計原則 (GAAP) ベースの純利益は49億2300万ドルで同5%増、一株あたりの利益は7.06ドルだった。非GAAPベースでは純利益が60億4300万ドルで、一株あたり利益は8.67ドル。

Googleの好調さがよくわかるニュースかなと思いますね。

個人的にいずれは米国株の個別株式に投資してみたいなと思っています。ただし、まだ目標の総資産に届いていないため個別株に投資するのはまだ先ですが。

2000年中盤頃からアメリカを引っ張ってきた企業として、Apple、Google、Amazonを上げる人も多いのではないかと思うのです。ジム・クレイマーのローリスク株式必勝講座ではスーパーグロース銘柄と言うことでポイントで評価してありました。

ジム・クレイマーの本の記事:ジム・クレイマーのローリスク株式必勝講座を読んで

100点満点で評価してありましたが、Google87点、Amazon89点、Apple62点(スタバは82点)という結果でした。

個人的にはこのスコアに近い意見ですが、僕はGoogleの方がいいんじゃないかと思っております。それぞれ3社の見解を言っていきますと・・

スポンサードリンク

Amazonについて


ジェフ・ベゾスの本の記事:amazonという企業の成り立ちを知る

Amazonの場合、お坊さん配達とかも話題になっていましたが、ジェフ・ベゾスの場合、これは単なる配送業にとどまらず、列車を使った輸送から、それこそ船を使った輸送までという壮大な構想が、あるのではないかと思いました。土地買ってロケット飛ばそうとしている人ですしね。

Googleについて


じゃあGoogleはというと、Amazonよりとんでもないサービスを生み出してくるんじゃないかと思えるのです。なんたって検索で何でも調べれれるわけですから。

今のところ直近の革新技術では自動運転技術となります。しかし、某自動車メーカーの知人と話す機会が直近であったのですが、これは実現性的にまだ時間が結構かかると思いますし、仮に開発したとしても車体部分の製造等までは手を出せないかと。

むしろもっと大きな視点で見て、Googleは自動化して効率化を進める事業をしようとしているのではないかと個人的には思うのです。自動化を行い効率化を進める上でも検索って避けて通れないと思いますし。

数十年後に効率化が進んだ場合、効率化を進める過程で今まであった仕事がなくなると思うのですけど、そこで効率化されてなくなった仕事とは別の人間が行う仕事を作った企業が富を得ると思うのです。

その時富を得ている既存の企業はというと私はGoogleじゃないかと思うんですねぇ。

じゃあAppleは?


アップルが「iPhoneの次」に狙っていること

東洋経済の記事に書かれてありましたが、じゃあAmazonやGoogleと比べるとどうでしょうか?その辺が現状の近1年の株価の値動きにつながっているのではないかと思いますが。

GOOG1y.png

まぁ、この3社の先はどうなるかはわかりませんが・・

15年前の清原が薬で逮捕はある程度予測できる事象ではありますが、グロース企業については先は容易に予測できないですし。



スポンサードリンク
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/798-5c36d153
該当の記事は見つかりませんでした。