関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 積立投資 > ダウンサイドリスクを考慮した投資を検討中~トレンド・アロケーションオープンってなんぞや~
積立投資

ダウンサイドリスクを考慮した投資を検討中~トレンド・アロケーションオープンってなんぞや~

ヘッジファンドのせいで株式が上下してると??なことが言われておりますが、
とにかく為替も株式も上下にかなり変動しております。
普通に考えれば株価が上がるなと思った状況で株式が下がるようなことが、
昨年後半から増えてきている気がします。
また、昨年で一気に上昇した分、
昨年6月ごろのような調整があると考えておりますので、
ダウンサイドリスクを意識した投資対象を検討しなきゃなと思っておりました。

週刊エコノミスト臨時増刊4/7号は投資の勉強のテキストにピッタリ

この本でお勧めの投資信託9本があったのですが、
かなり気になった投資信託がありました。
「トレンド・アロケーションオープン」です。
国際投信投資顧問

スポンサードリンク
投資対象が、全世界の株式、債券、REIT、コモディティに分散投資するということで、
emaxisやi-fundsのバランス型インデックスファンドに近いものがあると思います。
これに外貨建ての部分は為替ヘッジを行うそうですから、後者の7資産ヘッジ型に近いですね。
emaxisやi-fundsは1/6やら1/8やら1/9やら資産の全体の比率を固定して分散しています。
emaxisには波乗り型もありますが、これもある一定数の比率で分散させています。
このトレンド・アロケーションオープンも、
景気拡大期には株式を多く、景気後退期には債券を多めにする運用を行うそうです。
主要ネット証券ではノーロードで購入可能ですし、
ポートフォリオはかなり分散が効いてていいと思います。
高リスクと低リスクの資産の割合が6:4ですが、色々と調整するようで、
これは中々面白いと思います。
実質の保有コストは、エコノミストによると1.12%ですが、
独立系投信もこれくらいですので許容範囲といえそうです。
秋田銀行では個人型確定拠出年金としても取り扱い始めて、
現在、総資産も90億台と100億が見えています。
これから注目していこうと思いますし、
投資を本気で検討する方向で進めたいと思います。
グロソブ売ってるとこってのが若干引っかかりますが・・




スポンサードリンク
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/84-4bd959a3
該当の記事は見つかりませんでした。