関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 海外ETF > レラティブ・ストレングス > 海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2016年4月編
レラティブ・ストレングス

海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2016年4月編

移動平均線を用いた手法であり株式投資でもモメンタム効果に近いものが得られる投資法であるレラティブ・ストレングス。

それを主要な海外ETFの値動きに適用して確認し、移動平均線を見ながら相場の転換点が近いかを確認するのに役立てるというのがこのシリーズの主な目的です

レラティブストレングス概要・検証記事

レラティブ・ストレングスってナンだ!?
レラティブ・ステトレングスその2~検証編~
レラティブ・ステトレングスその3~調査結果の記録~

先月の結果は以下の通りです。

先月の結果:海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2016年3月編

引続き円高が進んでおりますが、ドル建てで先月はどうだったのか確認してみます。

スポンサードリンク
まずは債券のETF
    TLT(長期債) BUY
    LQD(投資適格社債) BUY
    BND(米国債券) BUY
    JNK(ジャンク債) SELL
REITのETF
    IFGL(米国除くREIT) SELL⇒BUY
    IYR(米国REIT) SELL⇒BUY
セクターETF
    KXI(世界生活必需品) BUY
    IXC(世界エネルギー) SELL⇒BUY
    IXJ(世界ヘルスケア) SELL
高配当系ETF
    HDV(高配当) BUY
    VYM(高配当) BUY
    VIG(連続増配) BUY
小型株とVT
    VT(全世界株式) SELL
    VSS(米国除く小型株) SELL⇒BUY
    VB(米国小型株) SELL⇒BUY
追加分
    BLV(米国長期債券) BUY
    VCLT(米国長期社債) BUY
    EDV(超長期米国債) BUY
    VDC(米国生活必需品セクター) BUY
    VHT(米国ヘルスケア・セクター) SELL
    VBR(米国スモールキャップ・バリュー) SELL⇒BUY
    VBK(米国スモールキャップ・グロース) SELL
    VXUS(トータル・インターナショナル・ストック(除く米国)) SELL
    VGK(ヨーロッパ) SELL
    VWO(エマージング・マーケッツ) SELL

ドル建てでは先月に引き続き好調ですね。今月はREIT(IFGL,IYR)と小型株(VB,VSS,VBR)、そして意外や意外エネルギーセクターETFのIXCがBUYに変わりました。

ヘルスケアセクターも今年に入ってからよくなかったのですが、まさかエネルギーセクターの方が先に回復してしまうとは思いませんでした。

一昨年のピーク時が48ドル近くで、現状は32ドル付近。半年以上30ドル切っていたのが30ドル台に回復したところBUYになったようです。近1年の値動きを見ているとこうなるということでしょうね。

ギリシャ問題同様原油関連の話題の影が薄くなっている状況で、原油価格はかなり回復しております。ただし、問題が山積した状況が解決したとはとても思えない状況だと思いますが・・

アメリカ大統領選挙の報道の割合が今後増えていくでしょうけど、共和党がトランプになったことで、ヒラリーがなる確率が上がったと思います。トランプ以外であれば共和党が勝つんじゃないかと思ってたのですけど。

ヘルスケアセクターはヒラリーの発言で株価が冴えない状況になりましたが、実際に大統領になるとどうなるんでしょうかね?どうもメルケルよりもダメな感じを受けますし、本当に有能ならば一回目で大統領になっていると思うのは私だけではないはず。 follow us in feedly

スポンサードリンク
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/899-e13ce5ce
該当の記事は見つかりませんでした。