関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 海外ETF > 米国株式ETFだけでなく、米国債券ETFも最高値を更新している件について
海外ETF

米国株式ETFだけでなく、米国債券ETFも最高値を更新している件について

7月の資産集計中に海外ETFの値動きを見ていたのですが、S&P500は最高値付近まで上昇しているもののまだ超えてはいないという感じです。しかし、シーゲル派ご用達のiシェアーズ グローバル生活必需品ETF(KXI)は2016年になってから最高値を更新している状況です。

KXI-SP500-max.png

これを見ますと株式に投資していればどうなるかということがジェレミー・シーゲルの本を読まずともわかるものです。しかし、日本のように25年以上前のバブル期の株価を超えれない国もあるわけです。また、債券やREITといった資産はどうなっているのか?というのも気になりましたので、販売開始されて10年近く経っているもので確認してみました。

米国債ETF(AGG,TLT)


まずは債券ETFでiシェアーズ 米国国債20年超ETF(TLT)とiシェアーズ・コア 米国総合債券市場ETF(AGG)を見てみました。

TLT-AGG-max.png

経済的な問題が起こるたびに米国長期債TLTは上がり続けていてイギリスのEU離脱で最高値更新の状況です。このまま最高値を更新し続けると日本やヨーロッパみたいに長期債の利率もゼロに近い値になっていくんですかねぇ・・

利上げしそうだったイギリスが揉めていてアメリカも利上げしずらい状況になりました。債券と株式が連動して上がっていっている先がどうなるのかやや怖さを感じるものですが。

では、他の米国REITや欧州株はどうなのか?期間最大で確認してみました。

スポンサードリンク

米国REIT(IYR)


次に米国REITのiシェアーズ 米国不動産ETF(IYR)を見てみました。

IYR-max.png

リーマンショックの影響を大きく受けたのですが、最高値とはいかないまでもかなりの水準まで戻っていることがわかります。こうしてみるとリーマンショックの震源地だったアメリカですがしっかりと回復していることがわかります。では、欧州株や新興国株はどうなのでしょう?

欧州株式(VGK)と新興国株式(VWO)


バンガードの欧州株式ETF(VGK)と新興国株式ETF(VWO)を見てみました。

VGK-VWO-max.png

リーマンショック前を回復できていないんですよね。この値動き見ていると日経平均と同じような印象を受けるのは私だけですかね?

試しに欧州株を国別に分けてみてみました。

欧州株を国別に見てみると・・


EUの主要な国ということでドイツ(EWG)、イギリス(EWU)、フランス(EWQ)を期間最大で見てみると・・

EWG-EWU-EWQ-max.png

意外なんですがユーロの恩恵を最大限受けているドイツですらリーマンショック前を超えてないんですねぇ。ドイツ株式ETFがこれですから他の国がEUに不満や疑問を持つのは仕方ないことかもしれません。

では、他の欧州国でリーマンショック後最高値に近付いた国があるかというと10年以上運用されているETFの中で2つ見つけました。スイス(EWL)とスウェーデン(EWD)です。

EWL-EWD-max.png

色々と欧州の現状を書いた本を読んでおりますが、ユーロを採用していないこの2カ国の株式が欧州の中で好調なのは理由がありそうな気がします。今後EUはどうなりますかね。


スポンサードリンク
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/962-245dd6e4
該当の記事は見つかりませんでした。