Top Page > 海外ETF > 金融関連の比率が大きいiシェアーズ米国優先株ETF(PFF)と米国金融セクターETF(VFH)を比べてみた

金融関連の比率が大きいiシェアーズ米国優先株ETF(PFF)と米国金融セクターETF(VFH)を比べてみた

yuusen.png
海外ETFの特集記事がたまに経済系の雑誌にのることがありますが、その中で「iシェアーズ米国優先株ETF(PFF)」が上位にランクインしていることが多いです。

利益もしくは利息の配当または残余財産の分配およびそれらの両方を、他の種類の株式よりも優先的に受け取ることができる地位が与えられた優先株式ですが、銀行、各種金融、不動産、保険でほぼ4分の3占めていたりとセクターに偏りがあるのも特徴といえます。

株価不調時にどうなるかとかも以前調べました。

米国優先株ETF(PFF)関連記事

米国優先株ETF(PFF)を調べてみた
米国優先株ETF(PFF)は株価不調時にどうなのか調べてみた

最近米国セクターETFをちょっと調べておりまして金融セクターと金融関連の比率が高い優先株式はどれくらい相関性があるのかな?とふと疑問に思ったので今回調べてみました。

比較対象としては米国の金融セクターがいいと思いますので「バンガード・米国金融セクターETF (VFH)」と比較を行おうと思います。まず組入れ上位10社を見てみますと・・


スポンサードリンク

組入れ上位10社


iシェアーズ米国優先株ETF(PFF)

★WFC WELLS FARGO & COMPANY SERIES L 金融 米国 2.94
AGN ALLERGAN PLC ヘルスケア 米国 2.49
HSBC HSBC HOLDINGS PLC 金融 イギリス 2.32
BACR BARCLAYS BANK PLC 金融 イギリス 1.61
ALLY GMAC CAPITAL TRUST I 金融 米国 1.55
★WFC WELLS FARGO & COMPANY 金融 米国 1.42
HSBC HSBC HOLDINGS PLC 金融 イギリス 1.42
★C CITIGROUP CAPITAL XIII 金融 米国 1.37
★WFC WELLS FARGO DEPOSITARY SHARES CO 金融 米国 1.23
DB DEUTSCHE BK CONTGNT CAP TR TR PFD 金融 米国 1.23
経費率:0.47% 、分配率:5.61%、銘柄数:293

バンガード・米国金融セクターETF (VFH)

★1 Wells Fargo & Co. 6.1%
2 JPMorgan Chase & Co. 6.1%
3 Berkshire Hathaway Inc. 4.6%
4 Bank of America Corp. 3.6%
★5 Citigroup Inc. 3.3%
6 US Bancorp 1.9%
7 Simon Property Group Inc. 1.8%
8 American International Group Inc. 1.6%
9 Chubb Ltd. 1.6%
10 Goldman Sachs Group Inc. 1.5%
経費率:0.10%、分配率:2.47%、銘柄数:571

米国セクターETFの方が銘柄数多いようです。重複している企業を探してみましたが、シティとウェルズ・ファーゴぐらいでした。

じゃあ実際のパフォーマンスはということで直近1年、直近10年でS&P500、優先株で毎月分配金を出しているので、米国社債ETFであるiシェアーズiBoxx 米ドル建て投資適格社債ETF(LQD)と比較してみました。

米国優先株ETF(PFF)と米国金融セクターETF(VFH)直近1年


PFF-VFH-LQD-1y-160813.png

直近1年で見ますと優先株がS&P500や金融セクターETF(VFH)よりパフォーマンスはいいです。また、チャイナショックと年明けの大きな下落時に余り下がらないという特徴がありますね。

近1年で見ると金融関連の企業の比率が高い割に金融セクターと余り相関性が高くなさそうに見えますが、長期で見るとどうなるのでしょうか?

米国優先株ETF(PFF)と米国金融セクターETF(VFH)直近9年


PFF-VFH-LQD-9y-160813.png

4つのETFを比較できる期間最大の過去9年程度で見てみました。金融セクターETFは未だリーマンショックの影響が残っているといえそうな結果となりました。直近3年ぐらいは他のETFと余り差はなさそうですが。

米国優先株ETF(PFF)は金融関連を多く含むが米国金融セクターETFとは値動きが異なる


同じ金融関連に投資をしているとはいえ、組入れ上位10社で被っている企業が少ない上に優先株という差がありますので、値動きの相関性は低そうです。金融セクターETFは未だに10年近く前よりもマイナスの状態です。

米国優先株ETFは直近1年で見ますと下落時の耐性がS&P500とかよりもありそうですが、リーマンショックのような時は株式ですのでS&P500並みに下落します。金融危機時に下げ幅を減らした運用をする(所謂守備重視)という場合は、米国優先株よりは米国適格社債ETF(LQD)等の方が適切ではないかと思います。個人的には守備を意識しておすので、最近のボーナス投資枠では米国適格社債ETF(LQD)に投資をしております。

関連記事


iシェアーズ米国優先株ETF(PFF)に金融セクター好調の影響はあるのか確認してみた下線文
関連記事
関連するタグ:海外ETF iシェアーズ米国優先株ETF PFF VFH バンガード・米国金融セクターETF LQD

テーマ:海外投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

garboflash

Author:garboflash
garboflash(ガルボフラッシュ)と申します。
関東在住の福岡人のアラサー男。
「関東在住福岡人のまったり投資日記」というブログを書いております。
自由な将来のために守りを考えながら、長期投資を行ってます。
インデックスファンドやシーゲル的な海外ETFによる長期の資産運用、節約等について書きます。

投資手法は以下をご参照ください。
投資方針について

メディア掲載履歴
日経ヴェリタスの2016年3月13日号
日経ヴェリタスの2016年3月27日号

twitterでもつぶやいてます。@garboflash


更新情報
follow us in feedlyRSSを購読する

本ブログで得た情報に基づいて被った損害については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。投資を行う際に最終的には自己責任です。

ご用件のある方はメールフォームよりご連絡ください。

ブログランキング
ランキングに参加しています。もしよろしければクリックをお願いします
最新記事
カテゴリ
相互リンク
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
FC2カウンター
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR