関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
Top Page > 海外ETF
バンガードETF

バンガードのVTIと組み合わせるにはどのETFが最適か?米国セクター別編

portfolio-VTI-sector-20170910.jpg

先日、バンガードのバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(ティッカー:VTI)と組み合わせるETFはどれがいいのか?ということで高配当系のETF(ティッカー:VIG,VYM,HDV)とVTIを組み合わせてパフォーマンスがどうなるかを見ていきました。

関連記事:バンガードのVTIと組み合わせるにはどのETFが最適か?高配当・増配株編

ただ、ETFの組み合わせってもっと他の観点から切り込んでもできると考えました。

前回は米国株の高配当や増配という観点で見ていきましたが、各セクター別の組み合わせから切り込むのもありなんじゃないかと考えました。

というのもVTIのセクター別比率を見ても、金融セクターは20%超えているのに対し、電気通信セクターは2%程度と大きな差があり、偏りがどうしてもあります。

VTIは初心者にもおすすめできるETFだと思うのですが、じゃあこのETFと組み合わせてポートフォリオを作るとすれば、どのセクターETFがいいのか?

半期毎に調べている、以下のバンガードのセクター別ETFで調べましたのでまとめていこうと思います。

関連記事:株価が好調に推移した2017年上半期、米国セクター別パフォーマンスを確認

  • バンガード・米国一般消費財・サービス・セクターETF(VCR)
  • バンガード・米国生活必需品セクターETF(VDC)
  • バンガード・米国エネルギー・セクターETF(VDE)
  • バンガード・米国金融セクターETF(VFH)
  • バンガード・米国ヘルスケア・セクターETF(VHT)
  • バンガード・米国資本財・サービス・セクターETF(VIS)
  • バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)
  • バンガード・米国素材セクターETF(VAW)
  • バンガード・米国電気通信サービス・セクターETF(VOX)
  • バンガード・米国公益事業セクターETF(VPU)

スポンサードリンク
海外ETF

新興国株式と新興国債券の相関性について海外ETFで調べてみた

emerging-kabusiki-saiken-20170909.jpg

米国の著名投資家レイ・ダリオのポートフォリオが、新興国株式の比率が高いということで、新興国株式に偏重したポートフォリオのパフォーマンスについて先日調べたのを記事にしました。

関連記事:レイ・ダリオのように新興国株式に偏重したポートフォリオのパフォーマンスを調べてみた

新興国株式のリーマンショックから現在までのパフォーマンスを見ますと、冴えていない状況なのですが、じゃあ新興国債券と組み合わせると多少は改善するんじゃないか?と思いついたんですね。

実際に長期で新興国株式と新興国債券の相関性って調べたこともなかったので、この際海外ETFでどうなのか調べてみようかなと。

ということで、新興国株式をバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(ティッカー:VWO)、新興国債券は以下の2つのETFを使って相関性を確認してみました。


  • バンガード・米ドル建て新興国政府債券ETF(ティッカー:VWOB)
  • iシェアーズ J.P.モルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券 ETF(ティッカー:EMB)

スポンサードリンク
バンガードETF

バンガードのVTIと組み合わせるにはどのETFが最適か?高配当・増配株編

VTI-portfolio-20170907.jpg

先月、海外ETFのポートフォリオを確認した際に、ニューヨークダが20%ぐらい下がることがあれば、バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(ティッカー:VTI)かパワーシェアーズQQQ信託シリーズ1(ティッカー:QQQ)に投資しようかと考えていると書きました。

2017年7月終了時点の海外ETFのポートフォリオに見る課題と今後の方針

ということで、現時点ではニューヨークダウが22000ドルから20%ぐらい下がることがあれば(※2015年は10%以上下がった時があったんですけどそれ以上下がらず)、以下のETFのどっちかに投資しようと考えてます。

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(ティッカー:VTI)
パワーシェアーズQQQ信託シリーズ1(ティッカー:QQQ)

ニューヨークダウが20%下落したら、ハイテク株関連はもっと下がる可能性が高いのでチャンスともいえるでしょう。

ただ、米国株全体に投資で来て、小型株や中型株も含んでいるVTIは、米国上場ETF全体で見てもS&P500連動のSPY、IVV同様大きな純資産ですので、選択肢としてはVTIの方が有力かなと思います。

VTIは初心者にもおすすめできるETFだと思うのですが、じゃあこのETFと組み合わせてポートフォリオを作るとすれば、どのETFがいいのかを主要なETFで調べましたのでまとめていこうと思います。

今回は高配当・増配株の以下の3つのETFを対象に調べてみました。

  • バンガード・米国増配株式ETF(ティッカー:VIG)
  • バンガード・米国高配当株式ETF(ティッカー:VYM)
  • iシェアーズ・コア米国高配当株ETF(ティッカー:HDV)

単純に50%対50%の比率でポートフォリオがどういう値動きをするか確認していきます。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。