関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
ブログ運営

ブログのプロフィール記事を作成した時に、30歳までに楽勝で1000万貯めれると勘違いしていたことを思い出した

blog-renewal-20170720.jpg

報告が遅れましたが、3連休中にブログのテンプレートを変更して色々と改造を施しました。スマホ向け表示をどうしたらいいかと考えた上で、レスポンシブ型に変えました。

色々と変えたいことは後2つぐらいあるので段階的に適用していこうと思います。

現状、ここ2年ほど夏場に仕事が落ち着いているせいなのか、割と夏場はたまって進んでいないことを進めようというモチベーションが高いような気がします。暑くて土日あまり昼間外に出たくないので家or室内で作業を集中してできるというのもあるかもしれませんが・・

さて、ブログのテンプレートに併せて、あまりにも酷かった当ブログの最初のページを改造して、プロフィール&投資方針という感じで簡易的に書いてみました。長々と書いた方がいいのか、簡易的な方がいいのか迷っているのでしばらくしたら変わっているかもしれません。

そんなプロフィール記事を書いた後、feedlyでブログを読んでてどのブログだったのか忘れてしまったのですが、株式を始めたきっかけ的な記事を読んだのです。その中で30歳までに1000万と言ってる同僚が出てきてたのを読んでて思い出しました。

私も入社してすぐは30歳までに楽勝で1000万貯めれると考えていたことを。

スポンサードリンク
米国株

主要米国株のフェアバリューを調べてみた

fair-value-20170719.jpg

指標というと万能なものではないとは思いますが、物事を判断するという意味では参考になるデータであると考えます。

先日は面白そうな指標だと、ブラックスワン回避法 (ウィザードブックシリーズ)を読んでいて思ったので、主要な米国企業のROIC(投下資本利益率)について調べました。

関連記事:米国企業のROIC(投下資本利益率)について調べてみた

他に何かいい指標値はないかということでブログやらネット上の記事を読んでいたわけですが、フェアバリュー(fair value)について以下の記事を読んでいて米国株は数値がわかるようなので調べてみました。

参考記事:モーニングスターのフェアバリューを無料で見る方法

フェアバリュー(fair value)の意味は証券用語集等で調べると「公正価値、適正価格のことで、評価対象(不動産、株式投資等)や、評価目的などの前提条件が変わることによって、算出方法や結果も変わってくるが、一般的なバリュー投資におけるフェアバリューとは、株式の価値と市場価格とが非常に近いことをいい、割安なときに買った株を売却する際の基準としてよく用いられる。」とありました。

「ティッカー fair value morningstar」で検索するとモーニングスターのPDFのレポートが読めると書いてありましたが、企業によっては検索結果の一番上に出てこないので、「ティッカー fair value morningstar pdf」とすればだいたい検索結果の1番上に出てきます。ただ、たまにティッカーの部分を企業名にしないと出てこない場合もありました。

例えば、ジョンソン&ジョンソン(JNJ)は以下のようなレポートが出てきます(※土曜日に調べましたが月曜時点で数値が変わっているように見えます)。

ジョンソン&ジョンソン

こんな感じの分析レポートがただで読めるわけですから、アナリストとか仕事がなくなっていくんじゃないですかね。さて、レポートが検索で出てきますから、主要な米国株のフェアバリュー(fair value)を調べてみました(数が多かったので見間違えてる個所もあるかもしれません・・)。

スポンサードリンク
インデックスファンド

たわらノーロードシリーズにも8資産均等型バランスファンドが登場

tawara-20170718.jpg

たわらノーロードシリーズというと、たわらノーロードplus 新興国株式低ボラティリティ高配当戦略、たわらノーロードplus 先進国株式低ボラティリティ高配当戦略、たわらノーロードplus 国内株式高配当最小分散戦略といった低ボラティリティ高配当戦略ファンドもあるのが特徴です。

関連記事:またまたたわら、またたわら 「たわらノーロード」シリーズ4本が追加

そんなたわらノーロードシリーズですが久々に動いてきました。

リリース記事:低コストファンドシリーズのバランス型ファンド設定

あらたに設定されたのは「たわらノーロードバランス(8資産均等型)」で、設定日は2017年7月28日。国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内REIT、先進国REITの8資産に均等に投資をします。

信託報酬は0.2376%。eMAXIS Slimバランス8資産均等型と同じで、iFree8資産バランスとも差も小さく、3番手として8資産均等型バランスファンドに進出してきました。

今回の8資産均等型バランスファンドについては以下の印象ですね。

スポンサードリンク