FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
月次分配金歴

6月中に全ての株式ETFの配当の支払いがあり、7月繰り越し分はなし。2019年7月度分配金報告

tukiijibunpaikin.jpg

近年、個人投資家の資産形成環境の整備に力をいれている感のある金融庁。

年金2000万が云々もその一環だと思います。しっかりとしたレポート書いたのに、仕分けで予算の計算もできないことを晒した野党議員から5分もあれば読めるとか言われてて、官僚の仕事ってほんとブラックだなと思いますが。

そんな金融庁はどういう状況なのかなと気になっている中で、金融庁2.0というタイトルが気になって読んでみました。


金融育成庁になろうとしている金融庁が金融機関の問題に対処してるのかが書かれてましたが、地銀の再編とか問題が大変だなと思うと同時に、他の官庁と違ってPDCAとかを回そうとしている印象を持ちました。

旧大蔵省から金融監督部門が分離独立してから20年ですが、比較的柔軟な考えをもった省庁だと思います。

今後の課題は①地銀の再編、②普及するブロックチェーンの対応、③資産形成の制度改善ということになるのでしょうけど、個人的には①でいろいろ大変だろうけど、②と③も進めていただきたいですね。

さて本題に戻りまして、今月の分配金は以下の通りです。

スポンサードリンク
バンガードETF

バンガード・米国増配株式ETF(VIG)を1年前と比較すると、P&GとVISAが組み入れられてた

turnover-3966586_1920.jpg

わたしは比較的ディフェンシブな投資を好んでおりますので、株式への投資でコアになっているのがバンガード・米国増配株式ETF(ティッカー:VIG)の比率が高くなっています。

セクターの構成とかポートフォリオの上位で好みの企業が多組入れられてたりしますし、リーマンショック時のパフォーマンスを見てもS&P500よりも下落耐性があり、長期投資向けだと考えるからです。

そんなVIGですが、過去1年でみるとパフォーマンスはグロースやS&P500を大きく上回っていました。

2019年上半期の米国株モメンタム、増配、高配当、グロース、バリュー、小型などのパフォーマンスを調べてみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

ウォール街のランダムウォーカーの第12版が出るようですね。旧版を図書館で借りた後時間が経過していたので11版は買ったのですけど、12版はどうしようか迷いました。...

1年前に調べましたけど、4年でエネルギーセクターのシェブロンやらエクソンモービルが上位から消えたように、銘柄の入れ替えがある印象。

NISAのコアになってるバンガード・米国増配株式ETF(VIG)の現状を確認してみました - 関東在住福岡人のまったり投資日記

先週2018年夏のボーナスの投資計画を策定したので、それに従って先週もNISA枠内で海外ETFを購入しました。2018年夏のボーナスの投資計画を策定しました。 - 関東在住福岡人のまったり投資日記先週、夏のボーナス枠の投資は債券ETFを多めにするという記事を書いたのですが、細部についてはまだ決めていなかったんですね。...

1年でどのような変化があったのか調べてみました。

スポンサードリンク
海外ETF

2019年上半期の米国株モメンタム、増配、高配当、グロース、バリュー、小型などのパフォーマンスを調べてみた

smartbeta-20190714.jpg

ウォール街のランダムウォーカーの第12版が出るようですね。旧版を図書館で借りた後時間が経過していたので11版は買ったのですけど、12版はどうしようか迷いました。

改版でそれなりに内容は修正加筆されてるようですし、個人的にはスマートベータ要素のある高配当、増配、モメンタム、小型あたりに投資をしている身ですから、ちゃんと買って読もうかなということで予約しました。


他にもポートフォリオとかが変わってたりしたら検証してみようかなと考えてます。

話は本題で4月からモメンタムETFであるMTUMにも投資を始めましたので、これまで年1だったスマートベータ関連のパフォーマンスに関しては半期に1回は様子をまとめていこうかなと。

やっぱりMTUMにも投資を始めたからにはある程度は時間を割いて調べるのが必要でしょう。お金を投資しているわけですし。

2018年米国株のスマートベータ(バリュー、グロース、低ボラティリティ、モメンタム、サイズ、配当)のパフォーマンスを調べてみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

年始にファクター投資に関する本を読みました。銘柄の特定の要素に基づいて構成された指数に連動する、スマートベータ指数の話題は騒がれなくなっていますけど、アノマリーとして有効なので静かないまは割と良い機会かなと考えています。...

ということで年始に調べたのと同様に、米国株のバリュー、グロース、低ボラティリティ、モメンタム、サイズ、配当のファクターの上半期のパフォーマンスについてまとめてみました。

スポンサードリンク