FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
バンガードETF

ニューヨークダウが最高値更新。今年の1月とは違う印象がある一方気になる点も

art-2981726_1920.jpg

ニューヨークダウが終値で1月末の最高値を更新しました。

アメリカと中国の貿易摩擦で株価が調整に入るのでは?という観測もちらほら見受けられた中で、先週一気に上昇して更新しました。

NYダウ終値、連日の最高値更新…警戒感が後退 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 【ニューヨーク=有光裕】21日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は4日連続で値上がりし、前日比86・52ドル高の2万6743・50ドルだった。前日に続き、終値としての最高値を更新した。

わたしが投資を始めたのが2011年からなのですけど、例年10月から12月にかけては株価が上昇しているケースばかりを見ている印象なので、最高値更新は10月ぐらいかなと思っていただけに意外と速いなと。

とはいえS&P500やVTIは8月には最高値を更新していただけに、米国株単体で投資するとしてもダウ、S&P500、VTIのチョイスは重要になりそうだなと思う事例です。

VTIやS&P500が高値を更新してる件について - 関東在住福岡人のまったり投資日記

米国市場はこれまで株価を牽引してきたNetflixやフェイスブックが不要に陥っていて、株価のピークは過ぎたのではないか?という意見もちらほらみかける今日この頃。...

さて、今回の最高値を識者はどう考えているのか?永遠のブルが帰ってきたとまで記事の中でいわれてるジェレミー・シーゲル大先生は以下のコメントを残しております。

ジェレミー・シーゲル:リスク・オンで小バブルへ

「市場が最終局面に入り見込みでショートしていたヘッジファンドを始めとする投資家が、ここで(ロングに)追随したのだろう。
1月のような小バブルを迎える可能性がある。1月はモメンタム株に再度火がつき、その後反動が起こった。
しかし、今回は信じられないぐらい力強い。」

1月を小バブルと指摘していますが、個人的には1月は小バブルではないと思うものの、1月よりも力強いというのは同感です。

とはいえ引っかかる点もあるんですよね。

スポンサードリンク
米国株

サクソバンク証券が手数料最安で米国株、中国株、欧州株の取り扱いを開始。DRIPもできるし、欧州株も気になる。

copenhagen-142711_1920.jpg

昨日まで休日出勤でブログを書けない状況でしたが、ビッグニュースがありましたね。

デンマークの証券会社であるサクソバンク証券が手数料最安で米国株、中国株、欧州株の取り扱いを開始しました。

しかも業界最安値で、中国株や欧州株の取り扱いも開始されます。

欧州株の取り扱い開始は、欧州の大手企業への投資に興味がある人間としては非常に大きいですね。

デンマークの会社なので欧州株の取り扱いはわかるけどなんで中国株?と思われますが、昨年から中国民営自動車大手の浙江吉利控股集団が買収を進めていて、9月14日の日経には買収決定の記事も出てました(中国・吉利、フィンテックのデンマーク社買収)

業界最安というのは日本大手3社と比較してもなのか?という疑問を持ちますが、ご丁寧に公式サイトで掲示されてました。とあり扱い手数料ともにレベルが違います。

saxobank-20180923.png
サクソバンク公式引用

ちなみに銘柄検索は以下からできるのですが、取り扱い対象はETFも含まれています。日本で買えないETFで、日本中探したら100人くらいは取り扱い開始してくれと思ってるモメンタムETF(ティッカー:MTUM)もありました。

銘柄検索
MTUM-search-20180923.png

これはと思わせるものはありますので、年内様子見で来年から証券口座開設でも遅くはないかと個人的には考えます。

上記の米国株の手数料なんか見てもネット証券大手3社はある程度予定調和的なものを感じるものになってますので、外圧がかかってサービスの改善が進むことは歓迎すべきでしょう。

さて、サクソバンク証券を使うにあたってメリットとデメリットは何か?まとめてみました。

スポンサードリンク
海外ETF

リーマンショックから10年経って、新興国株式はアジアの独断場に

EEM-10yearafter-20180922.jpg

リーマンショックから10年ということで、iシェアーズ MSCI ACWI ETF(ティッカー:ACWI)を使って10年でどれくらい景色が変わったのかを調べましたが、アメリカと中国が伸びてそれ以外の日本、イギリス、ドイツなどの先進国のウェイトが低くなり、中国以外の新興国も横倍程度という結果でした。

リーマンショックから10年で景色はどう変わったか?国別、セクター別、企業別のウェイトの変化をまとめてみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

リーマンショックから10年が経過しましたが、この間の経済的なものを見るとアメリカ以外の国は落ち込む時期があったため、アメリカ1強が進んだような印象があります。...

個人的な感想をいうともっと新興国が伸びているかという調べる前の印象だったのですが意外と伸びてもないなと。

中国以外はどれくらい伸びているのかを知りたいなと思いまして、ならば新興国株式のETFを調べてればいいんじゃないかと。

iシェアーズ MSCI エマージング・マーケット ETF(ティッカー:EEM)は10年前からコストも変わらず、iシェアーズ・コア MSCI エマージング・マーケット ETF(ティッカー:IEMG)にとってかわられた印象ではありますが、過去データの蓄積に関しては豊富です。

ということで、ACWIでシェアを確認したのと同様にEEMで新興国株式内でこの10年どういう変化があったか確認してみました。

スポンサードリンク