FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: あれか、これか
投資関連本

ファイナンス理論の入門書 あれか、これかを読んで

「価値を正しく見抜くこと」に関して、「本当の値打ち」を見抜く究極の実学・ファイナンス理論が有用であると、2500件超の企業価値評価を手がけたファイナンスの第一人者野口真人氏は説いております。

ダイヤモンドオンラインでも記事になっておりまして、記事をちらっと読んで面白いなと思いましてファイナンス理論の勉強がてら買ってみました。

こういう内容の本ってだいたい自分にも投資を、リスク資産にも投資をという感じの結論になってしまって、自己啓発的な面が強い本が見受けられるのですが、この本は資産運用側にも偏らずファイナンス理論が書かれていると思いました。

本の構成としては1章と2章で「価格」「価値」に関するファイナンスの基本的な考え方。3章と4章で「価値」を決定づけている「時間」「金利」「リスク」について。ここまでが基礎編ですね。

そして5章から7章で以下のノーベル賞を受賞した4つのファイナンス理論を学ぶ形式です。

  • MM理論
  • 現代ポートフォリオ理論
  • CAPM理論
  • オプション理論

特に印象に残ったのは2点です。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。