FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: インデックスファンド
EXE-i(SBI)

雪だるま・全世界株式、総資産100億が見えてくる。EXE-i&SBIインデックスシリーズ2020年8月度終了時点総資産額推移

exe-i.png

信託報酬が低コストでインデックスファンドであるETFを複数組み合わせることにより、『従来にはないインデックスファンドの“かたち” 』をご提案するということで7年前に運用開始されたSBI証券のEXE-iシリーズ。

そんなEXE-i&SBIインデックスシリーズの総資産額推移等を定点観察するのが本シリーズの趣旨です。

8月末時点の資産のまとめは以下の通りです。

スポンサードリンク
インデックスファンド

ラディカル・マーケットに書かれていたインデックスファンドの規制案

censorship-610101_1920.jpg

インデックスファンドかアクティブファンドかという論争がありますが、インデックスファンドの資産がどんどん増えていく傾向は今後も続いていくでしょう。

NISA的な制度や確定拠出年金のような制度は今後より重視されていく方向になるでしょうし。

そんな中、インデックスファンドの構成に関して規制しようという話を本で読みまして、欧米ではこういう意見もあるんだなと思いましたね。

読んだ本は「ラディカル・マーケット 脱・私有財産の世紀」。


未来社会へのアイデアとしてオークション型の資本主義を提案していて、私有財産は否定され、必要な者同士がシェアする仕組みが未来社会における資本主義の原理となることを説いた本です。

おもに5つの政策が提案されていて、①所有権の部分共有による切り崩し、②投票制度の改革、③移民制度の改革、④機関投資家の力の切り崩し、⑤データを労働力としてみる です。

内容は一理はあるんですけど、②の投票制度の改革なんかは、まだ選挙期間中じゃなかった6月、職場での仕事中にあまりにもうるさい某赤い党に切れ気味の人が選挙期間調べたら違反じゃないのか!というのを見たので、流石にどうかと思いました。

全般的にラディカル(急進的)な提案なのですが、④の機関投資家の力の切り崩しの点は、ヘッジファンドの規制のことかと思ったらそんなに甘いことはない。

むしろインデックスファンドの中身の規制まで踏み込んだ内容だったんですね。

スポンサードリンク
EXE-i(SBI)

SBI・バンガード・S&P500の資産規模が、EXE-iと雪だるまシリーズの合計に迫る。EXE-i&SBIインデックスシリーズ2020年6月度終了時点総資産額推移

exe-i.png

信託報酬が低コストでインデックスファンドであるETFを複数組み合わせることにより、『従来にはないインデックスファンドの“かたち” 』をご提案するということで6年前に運用開始されたSBI証券のEXE-iシリーズ。

そんなEXE-i&SBIインデックスシリーズの総資産額推移等を定点観察するのが本シリーズの趣旨です。

6月終了時点の資産のまとめは以下の通りです。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。