FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: エネルギーセクター
海外ETF

S&P500で最低水準を更新し続けるエネルギーセクター

tanker-1242111_1920.jpg

わたしがシーゲル本を購入したのが6年くらい前の2013年なのですが(Amazonは購入したの5年以上前でも履歴が出てくる)、ピックアップされていたセクターは「生活必需品」「ヘルスケア」と並んで、「エネルギーセクター」でした。


その後、米国株関連のブログやジム・クレイマーなどの本を読みましたけど、キンダー・モルガンなどを持ってる人がそれなりにいた印象でした。

ところが原油価格が急落して一遍した後は、注目度も下がっている状況です。

Energy Sector’s Impact Shrinking | ETF.com

Energy’s weighting in the market is at decades-old low, and energy ETFs have underperformed. Here’s why.


実際、S&P 500 に占めるエネルギーセクターの割合は4.45%まで下がっていて、1990年以来最低水準です。2008年は16%でした。

一応過去10年では+60%程度ではあるんですが、過去5年だと-30%で冴えません。

ここまで冴えないと逆に悪くないのではと考えましたので、他のセクターと比較してみました。

スポンサードリンク
海外ETF

2018年上半期の米国セクター別パフォーマンスを確認

industry-4-2741774_1920.png
昨年は1年を通して株価が上昇傾向でしたし、ボラティリティも低位安定。

上昇相場に慣れ切った状況で今年2月の株価の調整は、いまだニューヨークダウが2月初めの株価を超えてていない状況では、驚いた人も結構いるんじゃないかと。

ともあれ今年ぐらい変動のある状況が正常と考えるぐらいが長期的に投資をする上で必要なマインドじゃないかと考えます。

株式市場については大きな調整のあった2018年の上半期ですが、ハイテク株などS&P500と一味違うセクターもあるため、上半期が終わったタイミングで結果をまとめてみようと思います。

2017年は情報技術が抜けたパフォーマンスで、エネルギーと電気通信サービスが冴えませんでした。

2017年米国セクター別パフォーマンスから、2018年注目するセクターは何か? - 関東在住福岡人のまったり投資日記

2017年の株式市場も大納会となったわけですが、ここまで安定して上昇したのは2014年以来3年ぶりじゃないですかね?なんだかんだで2013年はバーナンキショックがありましたし。...


原油などの資源価格も上昇傾向にありますが、2018年上半期のパフォーマンスはどうだったのか確認してみました。

スポンサードリンク
バンガードETF

1984年から運用されている、エネルギーセクターのファンド(VGENX)のパフォーマンスを調べてみました

VGENX-energy-fund-20180513.jpg

先週、1984年から運用されている、ヘルスケアセクターのファンドのパフォーマンスを調べたわけですが、1984年に設定されたセクター別のファンドがもう一つあるんですね。

1984年から運用されている、ヘルスケアセクターのファンドのパフォーマンスを調べてみました

ブログで気になって調べたことを外国のサイトも含めて調べたりするのですが、その派生でもう1記事、2記事ぐらいかけることがあります。調べていく過程で...


Vanguard Energy Fund Investor Shares (ティッカー:VGENX)というファンドで、エネルギーセクターの企業に投資をするファンドです。

ヘルスケアセクターは個人的に重視しているセクターですし、過去のパフォーマンスをみてもS&P500を上回るという結果になりました。

エネルギーセクターは重視しているわけではありませんが、NISA枠の投資でコアになってる、iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF(ティッカー:HDV)はエネルギーセクターの比率が高いので、過去の動向は気になるところです。

中東情勢の変化で最近、原油価格もかなり上昇していますし。

ということでファンドの中身と1984年からのパフォーマンスについて調べてみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。