fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: オススメ本
投資関連本

長者番付1位となった投資家清原達郎著「わが投資術 市場は誰に微笑むか」

IMG_2472.jpg

評判になってた清原達郎氏「わが投資術 市場は誰に微笑むか」を読みました。

清原氏は野村證券からゴールドマンサックス、モルガンスタンレー等を経て98年、タワー投資顧問で基幹ファンド「タワーK1ファンド」の運用開始。

個人資産800億円超で、2005年には長者番付1位になった人物です。

咽頭がんで声帯を失い、引退したため、これまでの運用手法や失敗も含めて包み隠さず書いた一冊となっています。

歴史的な経緯も含めてこれは投資をやってる人はよんでおいて損はない本だと思いますね。

スポンサードリンク
投資関連本

相場がイケイケな時こそ読みたい、ダニエル・クロスビー「富の法則 一生「投資」で迷わない行動科学の超メソッド」

4354032_s.jpg

ダニエル・クロスビーの「富の法則 一生「投資」で迷わない行動科学の超メソッド」を読みました。

著者のダニエル・クロスビーは、行動経済学と心理学の専門家で、運用も手掛けつつ、ニューヨークタイムズベストセラー作家でもあります。

ちなみに序論は「サイコロジー・オブ・マネー」のモーガン・ハウセルが書いています。
割と抽象的な部分と引用が古いケースもありましたけど、バフェットやハワード・マークスの多くの引用が見られるように、長期投資をする上で読んで損はない内容かと。

とくに今年に入って絶好調なパフォーマンスの人が多い今だからこそ読んでおきたい一冊かなと。

スポンサードリンク
投資関連本

元FRB議長のベン・S・バーナンキ曰く「金融緩和は経済格差を助長しない」

23960639_s.jpg

先週、元FRB議長のベン・S・バーナンキ「21世紀の金融政策」を紹介しました。

FRB歴代議長の歴史は興味深かったのですが、個人的には4章のが理論編で、研究を紹介しつつ、非伝統的金融政策の有効性と副作用・リスクをバランス良く検討している内容でした。

とくに印象に残った点を整理すると「金融緩和は経済格差を助長しない」という点でしょうか。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。