FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: オススメ本
オススメ本

2020年上半期に読んだ本の中で、オススメしたい12冊を紹介

woman-1839798_1920.jpg

バタバタしまくった上半期が終わりました。

コロナ騒動の影響で図書館が1カ月半使えない状況になりましたので、2019年下半期は80冊を超えていたのも、60冊まで減少しました。

2019年下半期に読んだ本の中で、帰省のおともにオススメしたい11冊 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

下半期は仕事が一段落した夏場に一気に本を読みまくりまして、先週末時点で81冊読み終わりました。年末の帰省時分が含まれていませんが、結構ハイペースで読んだなと。...

ところが上半期読んだ本のリストを振り返ってみると、割と濃ゆい本が多かったなと。

もちろん図書館でタイトルだけ見て借りてなんだこりゃ?な本もありましたけど、そこ辺はブログ上から選別していってますね。

上半期が終わり、上半期読んだ本の振り返りと言うことで、個人的にオススメしたい本を12冊を紹介します。

スポンサードリンク
投資関連本

ビジネスエリートになるための教養としての投資は、社会人が金融リテラシーを学ぶのにもってこいの一冊

3246552_s.jpg

投資をして来年で10年となるわけですが、投資をする前とした後で経済を見る目は間違いなく変りますし、お偉いさん達のいうことも多少は理解できるようになりました。

とくに経済のニュースがわかるとお偉いさんとの会話のネタにもなるのです。

その意味で金融リテラシー的なものって教養ともいえるんんじゃないかと考えます。

そんな考えをうまく表している「ビジネスエリートになるための教養としての投資」を読みました。


著者の奥野氏は農林中金バリューインベストメンツ株式会社CIOで、個人向けにも「おおぶね」ファンドシリーズを展開しています。

投資の意義を丁寧に説明している点も魅力的ですし、個人的に長期投資の方針を読んでいると、「おおぶね」シリーズにファンがいるのもよくわかります。

個人的に印象に残った点をまとめますと次の3点ですね。

スポンサードリンク
オススメ本

収入の2割は必ず好きなことに使う「お金の減らし方」

2742027_s.jpg

コロナによる自粛で住んでる自治体から2カ月以上出てない状況ですが、今後も大きく変わりそうなことの1つとして「お金の使い方」があると思います。

自粛が解除して通常に戻った時に、数カ月耐えてきた飲食店や自分が服を買ってる店にはお金を回してあげたいと思う人は多いでしょう。

そんなお金の使い方に関して、森博嗣氏の「お金の減らし方」を読みました。


森博嗣氏というと某国立大学の工学部助教授の傍ら「すべてがFになる」でデビューして「スカイ・クロラ」なんかも有名な異色の経歴を持つ人です。

ちなみにこの本、「お金の増やし方について書いてください」というリクエストなのに、本人曰く「森博嗣は、天下御免の天邪鬼であるから、当然真逆になることは予想ができたはずだ」という内容になっています。

本の随所に「それはあなた以外にできる人が少ないのでは?」と思うところがあるのですけど、自分のお金の使い方に関して考えさせられる内容がかなりあるんですよね。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。