FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > タグ: オススメ本
投資関連本

投資で利益が出ているときこそ長期投資家にとっては必読の書。市場サイクルを極めるを読んで

mastering-the-market-cycle-20181122.jpg

投資を続けてきて幸運にも上昇相場に乗ることができましたが、リーマンショックを経験していないので、本当の下げ相場がいかほどのものか?と考える人は20代30代で結構いるんじゃないかと思うんですね。

長期投資を目指す上で、いかに大きな調整を耐えうるかというのは一つの大きな課題だと個人的にも考えます。

長期投資を考えてる人の中で、暴落に対する心構えを理解するのに良い本として奨められてるのを見かけるのが、オークツリー・キャピタル・マネジメントの会長兼共同創業者のハワード・マークスの「投資で一番大切な20の教え」ですね。

もう読んだのはブログを始める前なんじゃないかと思いますが、哲学的な要素が多いとはいえ投資の心理と真理を突いた良書だと思います。


そのハワード・マークスの新作が今月発売されましたので、早速買って1週間で読み切りました。


前著の「投資で一番大切な20の教え」の20の要素で最重要項目である「市場サイクル」についてまとめたのがこの本になります。

この本を読むと間違いなく、現状の市場サイクルはどうなのかということを考えてしまいますね。

株価が上下に激しく動く時期に、現在の市場サイクルについて考えてみる - 関東在住福岡人のまったり投資日記

リーマンショックは経験してないけど、その後から投資を始めて投資の成績はプラスという20代後半から30代って、確定拠出年金やNISA、iDeCoの普及もあって結構いると思うんですよね。...

本の帯には、バフェットが「ハワード・マークスからの顧客向けレターが届くと真っ先に読む」とコメントしてますし、レイ・ダリオは「当代最高の投資家」とまで賞賛しています。

読み終えてこれだけ世界的投資家が褒めるのも納得できる内容だと思いますし、10月の株価の急落を受けてもまだ投資を始めて利益が出ているこのタイミングだからこそ、いま読むべき本ではないかと思いました。

スポンサードリンク
投資関連本

いま君に伝えたいお金の話は、10代20代の若い人ほど読むべき本

money-515058_1920.jpg

投資をする前と始めた後で、投資家のイメージって大きく変わると思います。

代表例はホリエモンになるでしょうね。ライブドア時代はまだ社会に出る前だったので否定的だったのですけど、投資を始めた後は比較的印象が良くなりました。

もっともイキってたり、あえて逆張り発言で計算的に炎上しているのはどうかと思いますが。

そのホリエモンと並んで嫌われる投資家のイメージが定着したのが、村上ファンドの村上世彰氏ですね。

いまや白髪が増えてすっかり風貌が変わってますが、昨年村上氏の著書「生涯投資家」を読みまして、印象が変わりましたね。

マスコミ報道とは異なる村上ファンドの実態が見えてくる。生涯投資家を読んで - 関東在住福岡人のまったり投資日記

10年近く前に炎上バッシング状態だった人物というとニッポン放送がらみのインサイダー事件における、ホリエモンと村上ファンドの代表村上氏が思い浮かびます。...

もちろん本を読んだ上で、村上氏側の主張を全て信用するものではありませんが、書いてあることはまっとうなことです。

そんな村上氏が、お金で苦労しない人生のためのお金の考え方についてまとめたのが、「いま君に伝えたいお金の話」です。


村上氏はとくに子供向けのお金の教育に力をいれているようですので、中学生ぐらいでもわかるように書かれています。

同時にお金を汚いもの、お金の話ばかりするのはいやらしいと、無意識に感じてしまう人が多い日本では、大人にとってもためになる本じゃないかと思いました。

とくに印象に残ったのは以下の4点ですね。

スポンサードリンク
投資関連本

新時代の信頼を獲得したものが世界を変える?TRUST 世界最先端の企業はいかに信頼を攻略したか

trust-20181102.jpg

投資のコアはインデックスファンドやETFが中心ではありますが、将来的に有望なビジネスや最新技術に関しては強い関心を個人的に持ってるんですね。

なので関連する情報は書籍も含めて情報を集めていきたいと思っています。

その一環として、ペイパルの創業者のピーター・ティールの本やエンジェル投資家の本について記事にしてきました。

ジョブズ、ザッカーバーグを超える反逆の起業家の実像とは?ピーター・ティールを読んで - 関東在住福岡人のまったり投資日記

投資をやってる人で世界的な企業になるベンチャー企業を見つけることができれば・・と考える人は結構いるんじゃないでしょうか?ただ、自分の専門分野ならば見つける確率も多少は上がるかもしれませんけど、そう簡単には見つかるものではないでしょうし、ベンチャー企業も操業当初は自転車操業のところも多く、うまくいくとは限りませんからね。...

エンジェル投資家を読むと、職業投資家はとても厳しい仕事だと思う - 関東在住福岡人のまったり投資日記

ピーター・ティールの本を今年読みましたが、ティールが優先的に投資する際に特別な企業なのかを判定する上での判断方法なんかは興味深かったですね。...

その延長線上として、読んだのが「TRSUT 世界最先端の企業はいかに信頼を攻略したか」です。

著者のレイテェル・ボッツマンは、2010年にウーバーやエアビーアンドビーなどの「共有経済」というコンセプトを紹介して一躍脚光を浴びた作家です。


前作『シェア』で共有型経済を提唱した著者が、急激なパラダイムシフトのなかで企業・個人がデジタル時代の「信頼」を攻略する仕組みを解説したのが「TRUST」になります。


2010年当時はウーバーがまだ存在していないときに「共有経済」というコンセプトを紹介していたわけですから、その流れを予測できた著者の先見性は非常に興味深いものがあります。

そのレイチェル・ボッツマンがウーバーやアリババ、エアビーアンドビーを例にしながら、急激なパラダイムシフトのなかで企業・個人がデジタル時代の「信頼」を攻略する仕組みを解説していて、最先端企業への投資をする上でのヒントが散らばっている本です。

個人的に印象に残ったのは以下の3点ですね。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。