fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: ジェレミー・シーゲル
海外ETF

ジェレミー・シーゲルの株式投資に載っていた実質利回り上位の国別ETFの値動きを調べてみた

sweden-161001.png

投資に関する書籍としては、5年以上前の本になりますが(データは10年近く前)、ジェレミー・シーゲルの株式投資第4版は投資や米国株式に関する学習に有用だと思います。

そんな株式投資第4版には1900年から2006年までの国別の債券と株式のリターンが記載されています。図の詳細は以下のブログにあります。

米国株投資をする理由~国別の株式実質利回り第四位はアメリカ~

株式の実質利回りはスウェーデン、オーストラリア、南アフリカ、アメリカ、カナダと続いていて、1900年初め頃まで覇権を握っていたイギリスが6番目、日本は11番目という結果でした。フランス、ドイツ、イタリアといった国々は日本よりも株式のリターンが下です。

この結果を見て、2006年までの株式リターンのデータはあるが、2007年以降はどうなっているのだろう?と考えました。該当する国々のETFを探していきますと・・

  • iShares MSCI Sweden ETF(EWD)
  • iShares MSCI Australia (EWA)
  • iシェアーズ MSCI南アフリカETF(EZA)
  • S&P500(SPY)
  • iShares MSCI Canada(EWC)

いずれも10年以上運用されておりますので、2007年以降の値動きがどうなったのか確認してみました。

スポンサードリンク
HDV

その時2016年度NISAで動いたその3 iシェアーズ・コア米国高配当株ETF(HDV)を購入

HDV-toushi.jpg

粛々と御ボーナス様を使用してNISA枠での投資を進めております。

その時2016年度NISAで動いた バンガード米国増配株式ETF(VIG)を購入
その時2016年度NISAで動いたその2 バンガード米国ヘルスケアセクターETF(VHT)、バンガード米国生活必需品セクターETF(VDC)を購入

イギリスのEU離脱の投票が迫っている状況下でしたが、先週末にまたNISA枠の投資を行いました。イギリスの残留を確信したからなのか?というご意見もあるでしょうが、以下に書いたとおり月曜時点では疑っております。

イギリスのEU離脱で揺れる時期にアメリカにおけるETF流出入のランキングを見てみた

むしろ為替が円高に振れたので買ったという側面の方が強いです。ドル建てでプラスの状況が続いておりますのでこのタイミングか?と思わなくもないですが、昨年の1ドル120円で買ってるときはかなりの差がありますから口数を増やしていくのに好機かと。

ということで余り相場を気にせずに購入しました。投資の方針としてボーナス出た時にそれを投資するというスタンスですし。

先週購入したのは以下のETFです。

スポンサードリンク
積立投資

雑誌の取材で投資の経緯を聞かれたので投資遍歴を整理してみた

この度日本経済新聞の記者の方から取材を受けました。初めての経験でしたのでかなり緊張しましたが一先ず無事に完了しました。

こんなしがないブログではありますが取材を受けるという経験をしましてうれしかったです。記事の詳細がわかりましたら再度ブログにてご報告しようと考えております。

さて、取材の際に「投資をはじめたきっかけ」について色々と質問を受けました。これまで下記のように一応記事にしてはいるのですが、ブログ始めたばかりで内容も薄いです。更に今年はちょうど投資を始めて5年というきりのいいタイミングですので、整理をしてみました。

関連記事:投資を始めるまで

経緯を説明していきますと、20代後半になってどう過ごしていこうかと模索しているときに2011年の6月頃に本屋で岡村聡氏の書籍に出会いました。


この書籍の中で資産運用をした方が良いという記載があり、その中で個別株よりはインデックス投資の方がいいと考えて、インデックス投資、インデックスファンドというキーワードで検索をしたのです。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。