FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: セミリタイア
セミリタイア

生活防衛資金の応用版?現金クッションという考え方

money-cushion.jpg

仮に収入が全く無くなった状況でも生活していけるお金の事を「生活防衛資金」と呼ぶ人は多いですね。

では実際にどれくらいの期間分あればいいかというと、数ヶ月という人から2年と人によって結構違っています。

そんな生活防衛資金の応用版ともいうべき「現金クッション」という考え方が、「FIRE最強の早期リタイア術」に載っていました。

「FIRE最強の早期リタイア術」は30代で経済的自立を達成するための技術が書かれた本 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

アーリーリタイア関連本はAmazonで探すと電子書籍含めればそれなりにヒットします。ただ、このファイアームーブメントは北米(特にアメリカ)を中心に広がってるわけですが、不思議と関連書籍ってこれまでなかったと思うんですよね。その先陣を切ったのが昨年末に出た「FIRE 最速で経済的自立を実現する方法」。...

生活防衛という概念も含まれていますが、簡単に説明するとリタイア後に株価が暴落しても失敗しないための現金準備分です。

リタイア後の平時は投資分から取り崩すけど、株価が急落したときは足りない分を現金クッションから取り崩すという方針です。

そんな現金クッションですが個別株やETF使って投資をする人向けかなと感じました。

スポンサードリンク
海外ETF

31歳で1億円を貯めてリタイアしたクリスティー・シェン氏提唱の高配当ポートフォリオ

1489006_s.jpg

31歳で1億円を貯めてリタイアした、クリスティー・シェン氏のポートフォリオに関して先週紹介しました。

実はこのポートフォリオは基本形でクリスティー・シェン氏はもう1つポートフォリオを紹介しているんですね。

31歳で1億円を貯めてリタイアしたクリスティー・シェン氏のポートフォリオ - 関東在住福岡人のまったり投資日記

コロナショックの影響で3月は資産が減った人が大半だと思いますが、3月末ぐらいからじわじわと株価も回復基調になって、1ヶ月経って大分資産が戻ってきたという人も多いでしょう。...

シェン氏が提唱しているリタイアの際にどれだけためておけばいいかの指標である「現金クッション=(年間支出-年間利回り)✕年数」の式では年間利回りが考慮されています。

なので年間利回りも結構重要な要素になるため、一時的にポートフォリオの資産の中心を高利回り資産に置き換える戦術である「利回りシールド」という戦術も紹介されています。

具体的にこのETFを使ったポートフォリオと比率までは載ってませんが、使えるETFとアセットアロケーションまでは紹介されていたので、検証してみました。

スポンサードリンク
海外ETF

31歳で1億円を貯めてリタイアしたクリスティー・シェン氏のポートフォリオ

buildings-2297210_1920.jpg

コロナショックの影響で3月は資産が減った人が大半だと思いますが、3月末ぐらいからじわじわと株価も回復基調になって、1ヶ月経って大分資産が戻ってきたという人も多いでしょう。

2018年2月や12月も強烈なものがありましたが、10年に1回というのは今回かなという気がしますね。

リタイアを目指す上で避けられない出来事と思いますが、大きな株式市場の下落含めて考えられたポートフォリオはどのようなものか見てみたくなります。

早期リタイアのFIREムーブメントの中心地北米で有名な人としてクリスティー・シェン氏夫妻がいます。

クリスティー・シェン氏は幼少期にカナダに移住した中国人で、31歳で1億円を貯めてリタイアしています。


もちろん夫婦で1億円貯めたのは手取りが2人合計で10万ドル超えてるのが大きいと思いますけど、本の中では知識ゼロからポートフォリオを構築していて、世界大恐慌級の下落相場まで想定が言及されています。

ただ、とくにパフォーマンスの表が載ってなかったので実際どうだったのか気になったので調べてみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。