fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: バンガード
海外ETF

すっかり静かになったESG投資のETF(SUSA,ESGV,ESGD,ESGE)の現状を調べてみた

4636757_s.jpg

ブラックロックのCEOがESGの用語「もう使わず」とか去年あたり言ってましたが、すっかり静かになった感があります。

ちなみにSBIアセットマネジメントが以下の2本のファンドを2021年に設定しましたが、総資産額は全く伸びてないせいか、ジェンダーの方は昨年めでたく繰上償還となりました。

SBI パリ協定ネット・ゼロ インデックス・ファンド(愛称:ESG・ネット・ゼロ) 経費率:0.1338% 総資産額5.87億
SBI ジェンダー・フリー インデックス・ファンド(愛称:ESG・ジェンダー) 経費率:0.2638% 繰上償還(2023年9月)

ちなみに繰上償還になったファンドは一度も総資産1億を超えることはありませんでした。

では、ブラックロックやバンガードが設定したESGのETFはどうなってるのか?

最近現状を調べていないので、S&P500と比較してどうか調べてみました。

スポンサードリンク
レラティブ・ストレングス

小型株と新興国株がやや不調。海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2024年1月度編

relative-strength-161212.jpg

移動平均線を用いた手法であり株式投資でもモメンタム効果に近いものが得られる投資法であるレラティブ・ストレングス。

それを主要な海外ETFの値動きに適用して確認し、移動平均線を見ながら相場の転換点(BUYシグナル→SELLシグナル、SELLシグナル→BUYシグナル)が近いかを確認するのに役立てるというのがこのシリーズの主な目的です。

概要と検証記事

レラティブ・ストレングスってナンだ!?
レラティブ・ステトレングスその2~検証編~
レラティブ・ステトレングスその3~調査結果の記録~

3,6,12ヶ月リターン計算方法
①3ヶ月リターン = 直近月末価格 ÷ 直近月末から3ヶ月前の月末価格 - 1
②6ヶ月リターン = 直近月末価格 ÷ 直近月末から6ヶ月前の月末価格 - 1
③12ヶ月リターン = 直近月末価格 ÷ 直近月末から12ヶ月前の月末価格 - 1
④3,6,12ヶ月リターンの平均 = (①+②+③)÷3
⑤12か月移動平均 = 12か月分の合計÷12
⑥3,6,12ヶ月リターンの平均がプラス 且つ 市場価格が12カ月移動平均を上回った場合BUY、それ以外はSELL。

前回の結果は以下の通りです。
ドル建てで先月はどうだったのか確認してみます。

スポンサードリンク
海外ETF

2024年NISAの成長投資枠をほぼ埋めましたが、最後の最後で間違って特定口座で注文してしまう・・

28746178_s.jpg

2024年のNISAの成長投資枠の方針を決めて、先週日をわけて一気に成長投資枠を埋めに行きました。

合計の注文金額は多分1ヶ月の投資金額で過去最高額だと思います。

で、順調に埋めて言ってたわけですが、最後の最後で間違って特定口座で購入し、微妙に成長投資枠が余る事態となっていまいマシタ。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。