FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: バンガード
バンガードETF

報告が遅れましたがバンガードの生活必需品セクターETF(VDC)とヘルスケアセクターETF(VHT)を購入しました

vanguard-VDC-VHT-20200708.jpg

仕事上も先週末で一区切りとなりまして、今週は残作業もあるので定時退社、来週は残業時間で3か月連続イエローカード3枚の累積警告で出場停止状態となりました。

なので購入しました的な記事は本来6末に書く予定だったのですが、それが遅れていましたけどようやく追いつきましたね。

株価が仮に3月レベルで下がる展開ならば、短期の動きをそこまで気にしない人間のわたしでも精神面にさらに悪影響が出たのでしょう。

ただ、2番底に向かってGOレベルまではいかなかったので、疲弊しているのにも関わらずETF買って寝るをやってました。

さすがに12月は落ち着いて購入できる環境になってると思います。忘年会このままじゃ関東は開催されない公算大ですし。その意味で感染拡大の現況なのは間違いないモラルの低いホストとその客は役立ってるのかもしれません。

ということで、以下の2本を購入しボーナス枠のETFの買い付けを完了しました。


    バンガード米国生活必需品セクターETF(ティッカー:VDC)
    バンガード米国ヘルスケアセクターETF(ティッカー:VHT)

スポンサードリンク
レラティブ・ストレングス

VTが比較的好調で復活する。海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2020年6月度編

relative-strength-161212.jpg

移動平均線を用いた手法であり株式投資でもモメンタム効果に近いものが得られる投資法であるレラティブ・ストレングス。

それを主要な海外ETFの値動きに適用して確認し、移動平均線を見ながら相場の転換点(BUYシグナル→SELLシグナル、SELLシグナル→BUYシグナル)が近いかを確認するのに役立てるというのがこのシリーズの主な目的です。

概要と検証記事

レラティブ・ストレングスってナンだ!?
レラティブ・ステトレングスその2~検証編~
レラティブ・ステトレングスその3~調査結果の記録~

3,6,12ヶ月リターン計算方法
①3ヶ月リターン = 直近月末価格 ÷ 直近月末から3ヶ月前の月末価格 - 1
②6ヶ月リターン = 直近月末価格 ÷ 直近月末から6ヶ月前の月末価格 - 1
③12ヶ月リターン = 直近月末価格 ÷ 直近月末から12ヶ月前の月末価格 - 1
④3,6,12ヶ月リターンの平均 = (①+②+③)÷3
⑤12か月移動平均 = 12か月分の合計÷12
⑥3,6,12ヶ月リターンの平均がプラス 且つ 市場価格が12カ月移動平均を上回った場合BUY、それ以外はSELL。

前回の結果は以下の通りです。

増配と小型グロースが復活。海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2020年5月度編 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

移動平均線を用いた手法であり株式投資でもモメンタム効果に近いものが得られる投資法であるレラティブ・ストレングス。それを主要な海外ETFの値動きに適用して確認し、移動平均線を見ながら相場の転換点(BUYシグナル→SELLシグナル、SELLシグナル→BUYシグナル)が近いかを確認するのに役立てるというのがこのシリーズの主な目的です。...

ドル建てで先月はどうだったのか確認してみます。

スポンサードリンク
海外ETF

2020年上半期の米国セクター別パフォーマンスを確認してみたが、テクノロジーセクターの1人勝ち状態

2968317_s.jpg

仕事だけでなく相場も大荒れの上半期が終了しました。

個人的に株価が大きく下落したときに業種別や資産別でどれくらいの違いがあるのかを記録していくというのをブログで備忘録的に残しておきたいという思いが強いので、上半期は結構セクター別のパフォーマンスを確認した状態となりました。

確認する回数は増えましたが、きりのいい時期ですし、残り半年について考える上でも有用かと言うことで、まずは米国セクター別のパフォーマンスを調べてみることにしました。

2019年米国株セクター別パフォーマンスから、2020年注目するセクターを考える - 関東在住福岡人のまったり投資日記

2019年の相場は2017年ほどではないものの、大きな調整も起こらずに非常に好調な相場でした。今年は昨年みたいにうまくいかない可能性は高いと考えますので、業種別とかいろんな角度から2019年のパフォーマンスを分析しておきたいなと。...

ここのところ相場の雲行きは5月末くらいの晴れ間というわけではなくどんより曇り空という感じで、大統領選挙は波乱含み(支持率の実態との乖離もあると見てます)だと思うので、9月第2週のセントレジャー・デーまで戻って来るなの格言は11月初めまでとなりそうな印象もありますがどうなりますか・・

ということでまずは以下の11本のSPDRの米国株セクターETFで確認してみました。

一般消費財セレクトセクター SPDR ファンド(ティッカー:XLY)
コミュニケーション・サービス・セレクト・セクターSPDR ファンド(ティッカー:XLC)
テクノロジーセレクト セクター SPDR ファンド(ティッカー:XLK)
資本財セレクトセクター SPDR ファンド(ティッカー:XLI)
素材セレクトセクター SPDR ファンド(ティッカー:XLB)
エネルギー セレクトセクター SPDR ファンド(ティッカー:XLE)
生活必需品セレクトセクター SPDR ファンド(ティッカー:XLP)
ヘルスケア セレクトセクター SPDR ファンド(ティッカー:XLV)
公益事業セレクトセクター SPDR ファンド(ティッカー:XLU)
金融セレクト セクターSPDR ファンド(ティッカー:XLF)
不動産セレクト・セクターSPDR ファンド(ティッカー:XLRE)

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。