FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: バンガード米ドル建て新興国政府債券ETF
海外ETF

ポートフォリオ内の新興国債券(米ドルヘッジ有)の比率を高くするとパフォーマンスにどう影響するか確認してみた

ポートフォリオ内の新興国債券の比率を高くするとパフォーマンスにどう影響するか確認してみた

昨日現地通貨建ての新興国債券の比率を増やすとポートフォリオにどのような影響があるかを調べましたが、現地通貨建てだったのが引っかかりました。大手ネット証券で買える米ドルヘッジしたETFがいくつかありますので(例:バンガードのVWOB等)そっちも載せた方がいいか迷ったんですが、記事が長すぎたので諦めておりました。

以下の要望も受けましたのでさっそく調べてみました。

以下の条件で調査を進めます。

    ①米国株ETF:米国債券ETF=50%:50%
    ②米国株ETF:米国債券ETF:新興国債券ETF=50%:25%:25%
    ③米国株ETF:米国債券ETF:新興国債券(米ドルヘッジ有)ETF=50%:25%:25%

今日は①と③を比較します。対象として以下のETFを使用します。

  • バンガード・トータル・ストック・マーケットETF (VTI)
  • バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)
  • バンガード米ドル建て新興国政府債券ETF(VWOB)

まず直近の1年で①と③を比較してみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。