FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: ブログ運営
ブログ運営

終了30分前ぐらいに着きましたが、第3回ブログアクセスアップ勉強会(投資関連ブロガー限定)に参加しました

access-up-benkyoukai-20180302.jpg

このブログを始めて4年が経過しまして、じりじりとですがアクセス数やユーザ数も伸びてきている状況です。

アクセス数やユーザ数の伸びと平行して紹介した本が売れることも増えてきているので、その分しっかりとした本を紹介しないといかになと気を引きしめております。

と同時にアクセス数はもう少し伸びると節目の数字にいくなぁというのもありまして、ブログのアクセスアップにはそれなりに関心があったのです。

するとちょうどtwitterですぱいくさん(@Spike_komainu)主催の勉強会が開催されるということで、思い切って申し込んでみました。

昨年あたりから仕事も落ち着くことが増えてきたので、ほかの投資家ブロガーとも交流する機会を増やしていきたいと考えていましたし。

ということで先日参加してきたわけですが、初参加の私は仕事で遅刻して終了30分前に到着という事態に・・本当クソ幹部社員Aとクソ幹部社員Bのハーモニーは最悪です。

とはいえ、勉強会のあとの2次会も含めまして得るものが非常に多い場となりました。

スポンサードリンク
ブログ運営

FC2ブログの常時SSL化は、色々とやることが多かったので対応したことをまとめました。

FC2-SSL-https-20171028.jpg

ユーザー のデバイス (パソコン、タブレット 、モバイル等 )に関係なく、同じURLで同じHTMLコードを配信して、画面サイズに応じて表示を変えるレスポンシブデザインに変えてから3カ月が経ちました。

これはスマホサイトのテンプレートをデフォルトのまま放置していたのと広告がうざいので一気に変えたというのが主な理由です。

一方で、管理しやすいし、ユーザビリティの観点から今後はレスポンシブデザインが主流になっていくんじゃないか?というのもあります。

そして、このたびFC2ブログがSSL化対応しました。

Google Chromeは今後、HTTPSに対応していないサイトのテキストボックスなどに情報を入力する際、警告を表示すると告知していますすので、https対応しなきゃならないかなと。※何かあった時に1500記事近い当ブログは、これ以上記事が増えない今のうちに対応しておいた方がいいという判断もあります。

ということで、先行してやった人を参考にしようと思いまして、個人的には以下のブログが一番参考になりましたので、紹介しておきます。

参考にしたブログ >> FC2ブログの常時SSL化を完了

基本的には 環境設定 → ブログの設定 → SSL設定 で無効から有効に切り替えることができます。この際301(元のhttpに戻せない)と302が選べますが、最初は基本的に302の方を選んでおいた方がいいでしょう。また、テンプレートのバックアップもやっておいた方がいいと思います。

やってみるとあっさりhttpsにアドレスが変更されて、SSL化が終わりました。画像と内部リンクに関しては確認する限りうまくいっていたので心配する必要はないかと。

ただ、他にいろいろとやんなきゃいけないことがあったので、やったことをまとめてました。

スポンサードリンク
日記

googleアナリティクス使ってますか?

好きなことをブログで書いて飯を食うということ

以前、読書の記事で紹介したブログ飯という本。ブログを立ち上げて最初で記事を書きまくって、上手くいかなければ別のジャンルに切り替えるという手法に関してはどうなの?と思うところもあります。

しかし、本に書かれていたgoogleアナリティクスを使用して詳細に分析して、記事やブログに反映させていくというのは心がけるべきと思い実行しています。8月後半ぐらいから利用しています。

googleアナリティクスの中で、地域別の訪問者数が確認できるのですが、先日ようやく一つの目標が達成されました。
seiatu.png

ついに全国完全制覇!というのも9月末にはほぼ制圧してたんですが、鳥取落とすのに1カ月半以上かかりました。やはり黒田官兵衛のように兵糧攻めするべきでした。

それ以外に外国からの訪問者もどこの国からかわかるんですね。当然日本に続くのはアメリカなのですが、どういうわけか3番目がベルギー。

確かにマンUの株価が危ない的な記事は書きましたが、マンUのベルギー人のアフロ(フェライニ)の悪口は書いてないんだけどなぁ。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。