FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: ヘルスケアセクター
バンガードETF

バンガード・米国ヘルスケア・セクター ETF(VHT)が200ドル突破してたので、コロナショック前を超えてるセクターがどれくらいあるか調べてみた

3250077_s.jpg

月の初めにポートフォリオの集計をやってるわけですが、7月終了時点で集計していて驚いたのはヘルスケアセクターの伸び。

とくにバンガード・米国ヘルスケア・セクター ETF(ティッカー:VHT)はいつの間にか200ドルを突破。

個人的に半期毎に買い付けてるETFですが、200ドルとなりますと上がったなぁと。

前回大統領選挙のあった4年前なんかは、ヒラリー・クリントンの政策の影響でかなり下がっていたのが懐かしい状況です。

そして、いま資産が増えたのはそのタイミングで投資できたのが大きいかと思います。

さて、ヘルスケアセクターETFのVHT見てて、コロナショック前の最高値更新したセクター別ETFはどれくらいあるのかなと。

生活必需品セクターのVDCも過去最高値じゃないか?と思えるレベルまで来てましたし。

ということで調べてみたら、4つのセクターが超えてますが、コロナショック前を超えそうなセクターもちらほら見えてきていました。

スポンサードリンク
米国株

年始来プラスが見えているヘルスケアセクターを牽引しているのは、アボット、イーライリリー、ジョンソン&ジョンソン

55b5287045eddb532d610d885065c51d_s.jpg

NASDAQ100指数が年始来プラス圏寸前になったのを土曜に書きました。

いつのまにかNASDAQ100指数連動のQQQは年始来プラス圏寸前 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

昨日は日経平均もNYダウも大きく上昇しています。ある程度段階的に封鎖を解除していく方向になりつつあるとはいえ、感染拡大の発生から先行していて且つ新規感染者の少ないはずの中国の人民代開催が来月でもまだ日程確定していないのを見ますと先行きは晴れてるようには思えないんですけどね。...

じゃあセクター別のパフォーマンスはということで、SPDRの米国セクター株ETFを見ると、ヘルスケアセクターも年始来プラス圏が見ている状況。

SPY-XLY-XLC-XLK-XLI-XLB-XLE-XLP-XLV-XLU-XLF-XLRE-ytd-20200419.png
個人的に重視しているセクターなのでこの結果はうれしいのですけど、じゃあ牽引している銘柄はなんなのかと。

ということでヘルスケア・セレクト・セクター SPDR ファンド(ティッカー:XLV)の組入れ上位銘柄で調べてみました。

スポンサードリンク
海外ETF

いつのまにかNASDAQ100指数連動のQQQは年始来プラス圏寸前

nasdaq-4885314_1920.jpg

昨日は日経平均もNYダウも大きく上昇しています。

ある程度段階的に封鎖を解除していく方向になりつつあるとはいえ、感染拡大の発生から先行していて且つ新規感染者の少ないはずの中国の人民代開催が来月でもまだ日程確定していないのを見ますと先行きは晴れてるようには思えないんですけどね。

株価がある程度見れるレベルまで回復している中で、セクター別で見たらどうなってるんだろ?と思い確認してみたら、年始来でヘルスケアセクターはプラス圏近くまで回復しています。

SPY-XLY-XLC-XLK-XLI-XLB-XLE-XLP-XLV-XLU-XLF-XLRE-ytd-20200418.png

リーマンショック時同様、傾向的にディフェンシブセクターと言われる、生活必需品、ヘルスケア、公益事業がS&P500を大きく上回ってますが、テクノロジーセクターも比較的健闘していると言っていいでしょう。

それ意外にもプラス圏近いのあるんじゃないかと思って調べていたら、NASDAQ100も同じように年始来プラス圏寸前まで来てるんですね。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。