FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: ポートフォリオ
ポートフォリオ

やや不気味さを覚える株価の上昇と資産の増加。2019年11月終了時点ポートフォリオ&資産状況

church-648430_1920.jpg

去年は今頃忙しかった記憶があるのですけど、今年はそこまでないので割と早めに投資計画などを考えています。

そんな中、資産の集計をしていて海外ETFの価格とか見ていてもここまで上がってんのか?と思うのがちらほらと。

価格が上がっていて、投資に投入できる資金に限りがある現状、こりゃ購入できる口数が減るなぁというという思いの方が強い一方、上がり続けていることに不気味さを覚えるのです。

同じように不気味さを感じて警戒感をといていない人がいるからこそ、株価が上がり続けているとも言えますが。

この状況からどれくらい下がるのだろうか?と1970年代の低迷とかを見ておりまして、相場低迷最長10年ということは想定しておいた方がいいかなと最近は考えています。

もちろん当時ほど石油価格に株価が左右されたり、金とドルの交換停止級のことはないでしょうけど、好調な時期だからこそ下がったときにどうするか、下落幅を抑えるにはどうするかを検討しておきたいですね。

さて、本題に戻りまして2019年11月終了時点の資産状況を確認します。

スポンサードリンク
ポートフォリオ

リスク資産は4年前の倍になる。2019年10月終了時点ポートフォリオ&資産状況

autumn-3804001_1920.jpg

年末調整が始まる時期にやらかしたことで、チュートリアル徳井にとっては最悪のタイミングでしょう。

個人的に気になるのは、会社開いておいて保険料とかどういう扱いになってたのかということ。病院行く暇がなかったってことなんでしょうかね?

今後どうなるかというと、宮迫やロンブーの亮のようにいなくても番組は通常に流れていくのがわかった現状、非常に厳しいでしょう。

正直変わりがいないというのは知的バラエティの司会に向いているタモリやビートたけし的な存在で、年取って老害化の兆候が見られてるさんまとか中居も変わりがやればそれが日常になる可能性は高いんじゃないかと。

芸人がワイドショーのコメンテーターやるようになって余計に「お前なにいってんだ?」的に風当たりが強くなってますので、今後求められるのは何事もやらかさない人間となるでしょう。

これは会社でも似たような傾向あると思うこそ、普段から揉め事やトラブルは極力避けないといけないなと。

実際会社でなんとか生き残れてきましたが、仕事できるのに辞めた人がいてもたいてい仕事はその後いつの間にか回るようになるんです。

エヴァンゲリオンで綾波がいった「私が死んでも代わりはいるもの」って真理じゃないですかね。

さて、本題に戻りまして2019年10月終了時点の資産状況を確認します。

スポンサードリンク
海外ETF

Rick Ferri の Core-4 ポートフォリオ

01a53de75f9b3a2f5c540240149cdf94_s.jpg

Portfolio Visualizerでリタイアのシミュレーションなんかを調べたりしてましたが、それ以外にもいろいろとポートフォリオ例なんかも確認することができます。

例としてはレイ・ダリオの全天候型ポートフォリオやイェール大学財団最高責任者デイビッド・スウェンセンのポートフォリオなどがあります。

バランス型ファンド1本で早期リタイアでも逃げ切れるのか?バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド(VWINX)でシミュレーションしてみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

先週Portfolio Visualizerのモンテカルロ法を使ったリタイア&逃げ切りシミュレーションを紹介しました。ただ、データ上の欠陥というか冷戦が30年前に終わったという致し方ない面で、新興国のデータが1995年とか1994年からの25年程度しかないという問題があります。...

その中で気になったのがもう1つあって、Rick Ferri の Core-4 Portfolioです。

Rick Ferriは現在投資アドバイザーをやっていて、2019投資顧問のトップ100にも選ばれているそうです。

30年の投資キャリアを持っていて、クライアントポートフォリオに低コストのETFとインデックスファンドを使用することを提唱した最初のブローカーの1人で、低コストの投資原則のみに焦点を当てた顧問会社を設立してました。

英語の書籍は多数ですので、そのうちパンローリングあたりで書籍が出るかもしれません。

そんなRick Ferriが提唱するリスク配分戦略を考えた「Core-4 Portfolio」について詳しく調べてみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。