FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: マネックス証券
海外ETF

SBI証券、マネックス証券、楽天証券でVTI、VOO、VTなどの海外ETFの買付手数料が無料化!

SBI-rakuten-monex-free-ETF.jpg

アメリカの証券会社では手数料無料化の流れが起きていましたけど、それに追従する形でSBIのトップの北尾氏からは売買手数料無料化の話が出ていました。

まだ先になるかと思いましたが、SBI証券、楽天証券、マネックス証券の3社で、投資信託や株取引の手数料無料化に関するニュースが相次いでいます。

そんななか、一部国内ETF、海外ETFの無料化も発表されました。

バンガードなど米国ETFの買付手数料を実質無料に! | 最新情報 | マネックス証券

特定の米国ETFの買付手数料を全額キャッシュバック!当社でも人気を誇るバンガード社をはじめとする人気米国ETFが、お得に買付可能です!


プレスリリース(楽天証券)参照
rakutensiryou.png

楽天のプレリリースを引用すると、国内ETFは330程度、米国上場ETFは9銘柄という形になっています。

米国ETFなんかは9銘柄となってるのですけど、中身見てみるとSBIとマネックスは同じなんですが、楽天はちょっと異なっているようです。

スポンサードリンク
米国株

米国株最低取引手数料でマネックス証券が奇襲に出たのに、楽天証券が5ドル→0.01ドルで強烈カウンター

manex-rakuten-20190709.jpg

先週マネックス証券が、米国株式の取引にかかる最低手数料を従来の5ドルから0.1ドルへの引き下げを発表して、米国株取引を行う人で話題になっておりました。

当然、SBI証券や楽天証券が黙っていないと思われたら、なんと楽天証券が7月22日の現地約定分から5ドル→0.01ドルへの引き下げで強烈なカウンターパンチを繰り出してきました。

楽天証券、米株取引の手数料を引き下げ 業界最安水準の0.01ドル

楽天(4755)傘下の楽天証券は5日、米国株式の取引にかかる最低手数料を従来の5ドルから0.01ドル(1セント)に引き下げると発表した。22日(米国時間)の約定分から適用する。同証券によると、米国株を取り扱う主要ネット証券の中では業界最安水準という。ネット証券の米国株の取引手数料については、マネックスグループ(8698)傘下のマネックス証券が4日に5ドルから0.1ドルへの引き下げを発表したばかり。


いずれSBI証券も対抗策を打ち出してくるでしょうけど、おそらく楽天証券に合わせてくるのではないかと。

なので、SBI証券がメインで楽天証券やマネックス証券の口座もってないわたしのような人でも焦る必要はないでしょう。

マネックス証券としては奇襲に出たんでしょうけど、楽天証券がこう動くとSBI証券も楽天に合わせる方向に行くので厳しいですね。

スポンサードリンク
米国株

バフェットやソロスのポートフォリオを解析するウェブサイトiBillionaireを使ってみた

ibillionaire-20170523.jpg

土曜日にマネックス証券主催のセミナーに行きまして、マネックス証券の米国株厳選銘柄レポートBOOKをいただきました。

関連記事

2017年 米国投資のはじめ方 米国株式・ETFセミナー

米国株50銘柄とETF16本の情報が載っていたわけですが、マネックス証券が発行してますから当然関連するサイト等の宣伝が載っているわけです。

その中に、「伝説の投資家たちのポートフォリオがひと目でわかる。iBillionaire日本デビュー」というページがありました。

ちょうどカリスマ投資家の教え (日経ビジネス人文庫)を読んでいるタイミングでしたので、気になってこのサイトがどんなものなのか調べてみようかなと。

幸い無料で使えて且つマネックス証券で口座をもってなくてもOKのようでしたので使ってみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。