FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: ラッセル2000
海外ETF

ラッセル1000(IWB)、2000(IWM)、3000(IWV)の違いをETFで確認してみた

russell.jpg

米国株の指数でラッセル2000というものがあります。アメリカで資産運用などのコンサルタントをしているラッセルインベストメント社が1984年に開発したアメリカの小型株の指数です。一応日本のETFでも「ラッセル野村小型コア・インデックス連動型上場投資信託 1312」というのがあります。

iSharesのサイトに行ってみるとラッセル1000と3000という指数もあり、2000と1000に関してはバリュー株とグロース株のETFもそれぞれ存在するんですよね。

これまでラッセル2000の指数に連動するETFに関しては記事にしてきました。

バンガードのラッセル指数ETFの記事:バンガードのラッセル2000連動ETF(VTWO)を調べてみた
iシェアーズのラッセル指数ETFの記事:iシェアーズ ラッセル 2000 ETF(IWM)と他の米国小型株ETFを比較してみた

では、ラッセル1000と3000ってどういう指数なのかということで確認してみますと、ラッセル3000はニューヨーク証券取引所、ナスダック、アメリカン証券取引所に上場している時価総額が上位3000銘柄をピックアップして指数にしたものです。3000銘柄の時価総額の合計はアメリカ上場企業全体の95%を占めていますので、アメリカ市場の大半をカバーしているといっていいでしょう。

ラッセル1000と2000はこのラッセル3000から作られていて、ラッセル1000はラッセル3000の上位1000社の指数です。要するに以下の式となります。

ラッセル1000 + ラッセル2000 = ラッセル3000

ラッセル2000が小型株になるわけですが、時期によってラッセル1000が優勢だった利する時期もあるかと推測されました。それぞれのETFは2000年販売開始と結構年月を経ておりますので、実際にどういう値動きになっているか以下の確認してみました。


  • IWB iShares Russell 1000 ETF
  • IWM iShares Russell 2000 ETF
  • IWV iShares Russell 3000 ETF

スポンサードリンク
海外ETF

iシェアーズ・コアS&P小型株ETF(IJR)を他の米国小型株ETFと比較してみた

3%シグナル投資法 だれでもできる「安値で買って高値で売る」バリューアベレージ法を読んで

S&P500でも満足できるパフォーマンスだったのですが、株式部分を小型株ETFを使用している点が斬新やなと思いました。これが日本だと上手くいくかはわかりませんが。

本の中にはパフォーマンスを上げるための特別ルールも書いてありますので参考になるかと思います。2000年~2013年の間にS&P500のバイアンドホールドの約1.78倍にもなっていましたし。小型株の有効性については色々と検証していこうかなと思いましたね。


以前ご紹介した3%シグナル投資法は、岡本和久氏の提唱するバリュー平均法に近い手法でしたが、小型株のETFを取り入れてよりパフォーマンスを改善するということをやっていました。

使用しているETFについて特に書いていませんでしたが、iSharesがバンガードに対抗した?のか経費率が安いiShares Coreシリーズに入っている「iシェアーズ・コアS&P小型株ETF(IJR)」でした。

IJRは小型株ETFなのですが、販売開始時期がほぼ同じでiシェアーズ ラッセル 2000 ETF(IWM)もあるんですね。これを使ってもいいのじゃないかと思うのですが、本の中ではIJRを使っているのは何でかな?と思っておりました。

ラッセル2000指数ETFの記事:iシェアーズ ラッセル 2000 ETF(IWM)と他の米国小型株ETFを比較してみた

この2つのETFの違いとしてはラッセル2000とS&P Small Cap 600という指数が上げられます。

ラッセル2000とは?アメリカの代表的な小型株指数

同じ小型株ETFのバンガード・スモールキャップETF(VB)も約1500銘柄程度に分散していますので、それぞれ指数が違うということがいえそうです。

話をIJRに戻します。IJRは2000年に販売が開始されておりITバブルの頃から運用されてきた実績がありますので過去の実績を振り返る上でも非常に貴重です。関連してS&P Small Cap 600のバリュー株とグロース株のETFも同じ時期に販売開始されておりますので、IWM関連も含めて以下のETFをS&P500と比較してみました。

スポンサードリンク
バンガードETF

バンガードのラッセル2000連動ETF(VTWO)を調べてみた

先週は、ウォール街のランダム・ウォーカー内の記載であった小型株にフォーカスした場合は時価総額加重であるものということで、「iシェアーズ ラッセル 2000 ETF(IWM)」について調査を行いました。

ラッセル指数ETF関連記事:iシェアーズ ラッセル 2000 ETF(IWM)と他の米国小型株ETFを比較してみた

パフォーマンスを他の米国小型株のETFの比較を行いましたが、パフォーマンスが優れているというわけではありませんでした。ボラティリティは他の小型株と比較して低めという感じがしましたが。

では、これと似たようなETFがVanguardでもあるのではないかと調べてみましたところ何とラッセル2000インデックスに連動するETFが3つもありました。


  • バンガード・ラッセル2000グロース株ETF (VTWG)
  • バンガード・ラッセル2000 ETF(VTWO)
  • バンガード・ラッセル2000バリュー株ETF(VTWV)

他のバンガードのETFと比較して資産規模が小さいためVTWOが信託報酬0.15%、残りの2つは0.20%とコスト高めになっています。

この3つがiシェアーズのラッセル2000のETF(IWM)とパフォーマンスに差があるのか?バリュー株効果とグロース株効果があるかも含めて確認してみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。