FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: ワールドカップ
サッカー

ロシアワールドカップ総括 欧州の中心は政治もサッカーもドイツからフランスへ?

eiffel-tower-1156146_1280.jpg

1ヶ月間にわたったロシアワールドカップが終わり、ようやく通常の規則正しい生活に戻った感があります。

しかし、Jリーグ所属の選手は大変でわたしは今週末から再会と思ってたんですけど、昨日から再開だったんですね。ワールドカップ出た選手も出場してましたし大変やなと。

日本人期待の若手については先日記事にしましたが、決勝まで終わっていろいろと勢力図の変化や傾向も見えてきましたので、記事にまとめてみます。

4年後や8年後に日本代表で活躍してそうな有望株を国内組中心に18人ピックアップしてみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

サッカーの日本代表は3度目のベスト8挑戦となりましたが、決勝トーナメント初得点&2点差リードの状況から一転、ロスタイムに決勝点という残念な結果になりました。火曜朝3時開始という社会人にとっては地獄のような日程でしたが、今大会って競合がなにかしら問題点を抱えていて差がない印象ですし、ベルギーの基本フォーメーション見たら守備が弱そうに見えたんですね。...

ちなみに4年前のブラジルワールドカップのときにも総括の記事書いてるんですね。

当時はブログ書き始めて半年ぐらいの時期なのですが、予想してたことは結構当たってたんですね。

W杯総括 ~経済とCL成績から必然だったドイツの優勝~

  • スペインなんかは無敵艦隊(笑)と言われてた万年ベスト8くらいになるかもしれません。
  • 一方今回の主力が24とかのドイツは今後覇権を取る可能性大と言えるでしょう。それに続くのはロッベン、ファン・ペルシーが30歳のオランダよりは、若手有望株がいるフランスになるのではないかと考えます。
  • 南米の代名詞だったアルゼンチンとブラジルは今後欧州に対抗できるのか?という疑問も抱きました。

イングランドに関しても大丈夫?と書いたのですが、今大会復調しました。とはいえ、若手が順調に育たないケースもあるため一概に次の大会でいいかというと疑問です。

南米勢は懸念したとおりベスト4に一チームも残りませんでした。

4年ありますので投資でもそうですが投資の考え方も変わってくるように、サッカーもトレンドが変わるとは思いますが、4年後に向けて今後の展望と日本が同様の成績を残すための条件について考えてみました。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

西野監督のような采配をする経営者がいる企業に投資をするか?

wordcup-2018-180630.jpg

W杯で日本の最終戦の戦術で賛否両論がありますが、ともあれ16強入りで8年前の南アフリカにおいてきた忘れ物を取りに行く権利を得ました。

個人的に最後の10分以上に負けてるのにパス回しは様々な状況を考えると正しい選択であると考えますが、いろんな意見があるのは仕方ないことでしょう。

わたしはスタメンを見て既に胃が痛くなりましたし、前半同点でありながら胃がキリキリしていました。

試合後もなかなか寝付けなかったのですが、それはパス回しの件やベスト16進出の高揚感よりも、西野監督の決断についてですね。

実際、日経には以下のような記事が出てますし、5chの競馬関連のまとめでは賞賛の声しかありませんでした。

日経の記事 >> サッカー日本代表の西野監督は投資向き指導者
競馬板のまとめ記事 >> 【競馬】ギャンブラーとして西野監督を褒めたいと思う

競馬をやってる人間からしたら、この博打的決断を成功させて賞賛しかないわけですが、自分ならこんな対象に冷静に賭けることはできないなと。

同時に投資をやってる観点から、西野監督のような経営者のいる企業があったとして、投資をするか?ということは考えましたね。

個人的にはこういう経営者がいる企業だったら投資したいと思いますね。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。