fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: 岡本和久
投資関連本

私の記憶が確かならば・・・投資の鉄人を読んで

toushinotetujin-20170505.jpg

私の記憶が確かならば、金曜夜というと料理の鉄人を見ていていつのまにかウンナンの気分は上々(今やったら視聴率取れると思うんですけどね)をみるようになっていたのですけど、これがいつだったかははっきり覚えていません。

当時は第2土曜日、第4土曜日以外は登校の時代でしたから早く寝ることも多かったのかもしれません。実は第2土曜日のみが休みの期間が3年あったようです。当時小学生だったはずなのですがなぜかその記憶がないのは年をとったせいでしょうかね?小学校の職員室で珍しくテレビがついていたときが2回ほどあって、それが阪神大震災と地下鉄サリン事件の時だったのははっきりと覚えているのですけど・・

鹿賀丈史といえば振り返れば奴がいるの中川か料理の鉄人でしょう。ですので「私の記憶が確かならば」「よみがえるがいいアイアンシェフ」あたりの台詞は覚えていますね。数年前に再放送(おそらく初期の頃)見て面白いなと思ったんですけど今再放送やってるんですかね?アイアンシェフがずっこけちゃいましたし。

さて、料理の鉄人は私が見ていた期間は3人だったと記憶していますが、先月、投資の鉄人 (日経プレミアシリーズ)という本が出版されました。

投資の鉄人は4人。以下の4人ですが、いずれも著書や記事を読んだことのある方々。3人は著書に関してブログにも書いたことがあります。この本は間に4名の対談なんかも載ってますので、なかなか読みごたえがありましたね。

馬渕治好氏
岡本和久氏(書籍記事:自分でやさしく殖やせる確定拠出年金最良の運用術)
竹川美奈子氏(書籍記事:年利15%でふやす資産運用術)
大江英樹氏(書籍記事:投資賢者の心理学を読んで)

各章いいなと思ったところをピックアップしました。

スポンサードリンク
積立投資

確定拠出年金の大まかな運用方法

会社での確定拠出年金の大まかな運用方法を決める時期が近付いております。

基本はポートフォリオを自分で決めようと思っておりますが、いかんせん新興国関連やREITはなしですから、かなり狭い範囲での投資となります。

ポートフォリオを決める上で参考にしようとしたのが、岡本和久氏の自分でやさしく殖やせる 「確定拠出年金」最良の運用術

自分でやさしく殖やせる確定拠出年金最良の運用術

これを読んでバリュー平均法は試してみる価値があるなと思いました。と同時に売買にかかる経費が小さいという利点がある制度ですから、レラティブ・ストレングスも有効だと思うんですね。

レラティブ・ステトレングスその3~調査結果の記録~

普段は毎月積立投資を行っているわけですから、確定拠出年金では別の手法を取るというのも、ある意味分散なのかなぁと思います。

で、バリュー平均法とレラティブ・ストレングスどっちをやるのか?
7_20070911192247.jpg
ハーフ&ハーフでいいじゃないかと思いました。

スポンサードリンク
投資関連本

自分でやさしく殖やせる確定拠出年金最良の運用術

久々の読書ネタであります。ボチボチでありますが、確定拠出年金が開始されるに伴って、記事を書いてまいりました。

職場で確定拠出年金導入が決まったら
確定拠出年金の概要が判明する

その方針の総仕上げとして読んだのが、岡本和久氏の「自分でやさしく殖やせる確定拠出年金最良の運用術」です。

確定拠出年金を使われている方もかなり感想を書かれていて、読みたいと思っておりました。ようやく図書館で借りることができましたので、読むことができました。

感想をいいますと非常に読みやすい。

確かこの方は私がyahooの雑誌で読んでるアゴラにも投稿されていたと記憶しておりますが、口調が柔らかく説明が低迷で好感が持てます。

更にいえば、後ほど詳細を書きますけど、確定拠出年金でうちの会社に説明に来た同い年ぐらいの女性よりも、説明が理解できたと思います。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。