fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: 情報技術セクター
海外ETF

AmazonやGoogleの株価が1000ドル突破したので、情報技術セクターETF(VGT)やナスダック100指数(QQQ)の現状を確認してみた

QQQ-XLK-VGT-20170611.jpg

Amazonに続いてGoogleの株価も一時1000ドルを突破しました。ある意味好調な企業の象徴である2社の株価が節目を突破した影響か、ハイテク関連はバブルじゃないのか?という声もちらほら聞こえてくるようになりました。

そのせいか金曜日にAmazonやGoogleは株価が下がって1000ドル切ってしまいました。

参考までにアメリカ在住じゃない冒険投資家のジム・ロジャースはAmazonはまだバブルじゃないと言っています。おまけに日本株は買いだとか言ってるんですね(日本株についてコロコロ意見が変わります)。親中国過ぎて子供に中国語習わせたりする人なのである意味フラグの予感もしますが・・

ちょうどAmazonやGoogleが1000ドルを突破した節目ですので、AmazonやGoogleあたりのFANG銘柄の比率が高いETFはどの程度株価が上がっているのか気になってきました。

FANG銘柄の比率の高いETFとしては、NASDAQ100連動するパワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1(QQQ、Amazon+Google+Facebook+Apple=33.5%)、バンガード・米国情報技術セクターETF (VGT、Google+Facebook+Apple=31.59%)が上げられますので、今回はこの2つと他のETFについて比べてみようと思います。

関連記事

パワーシェアーズQQQ信託シリーズ1について調べてみた
下落相場時のパワーシェアーズQQQ信託シリーズの値動きを調べてみた
テクノロジーセクターETF(XLK)を情報技術セクター(VGT)、ナスダック100指数(QQQ)と比較してみた

パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1(QQQ)やバンガード・米国情報技術セクターETF (VGT)の現状を以下のETFと比較してみました。

スポンサードリンク
海外ETF

情報技術セクターについてしらべてみた

2015年下半期のNISA枠投資を検討するその2

昨日ちらっと最後に書きましたが、色んなセクターETFの詳細を見ていこうと考えまして、今回はその第一弾と言うことで「情報技術セクター」、isharesでいう「テクノロジーセクター」について調べてみました。

調べるのはバンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)

米国のテクノロジー・ソフトウェア、テクノロジー・ハードウェア、半導体等に投資をするETFで、信託報酬は他のセクターETFと同じく0.12%です。

構成上位の企業は以下の通りです。

Apple Inc. 16.9%
Microsoft Corp. 7.9
Google Inc. 7.3
Facebook Inc. 4.0
International Business Machines Corp. 3.5
Intel Corp. 3.3
Oracle Corp. 3.3
Cisco Systems Inc. 3.2
Visa Inc. 3.0
QUALCOMM Inc. 2.4

おなじみの情報技術系の企業が並んでいます。

ちなみにiシェアーズ グローバル・テクノロジー もほぼ同じ構成で、組入れ上位10社にサムソンが入っている以外はすべて米国企業です。これらをS&P500と比較してみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。