FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > タグ: 投資哲学
投資哲学・投資理論

ひふみ投信のtwitterを見てると、貯金感覚での投資はどうかと思う

analise-benevides-764017-unsplash.jpg

たまたま先週twitterのタイムラインを見てたら、ひふみ投信がTOPIX以上に下げた報告に対して荒れてるというツイートを見ました。

ひふみ投信のtwitter(レオス・キャピタルワークスの公式)実際見てみましたら「2日間で3%落としている理由をユーザに説明していただきたい」とまで反応があります。どうやらスルーしている状況のようですが。

なおこのタイミングで公式キャラクターがゆるキャラグランプリ出馬用にアカウント作ってたりします。


わたしはひふみプラスに投資をしていますが、ひふみ投信含めて国内の小型株などに投資して、TOPIXと異なる動きをすることを期待しているわけで、2日ぐらいのパフォーマンスで文句を言ってるのはなんだかなと思うんですね。

もちろん上昇相場だろうと大きな調整が発生していようと、TOPIXに3ヶ月ぐらい連続で負けたら文句言われても仕方ないとは思いますが、2日ぐらいで言われてるのはちょっと違うんじゃないのと。

たしかに「ためて・ふやす」がキャッチフレーズですが、ひふみ投信の投資先とか見てるのかな?と。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

20代、30代は資産運用というピラミッドの土台を作る時期

egypt-20180607.jpg

ここ最近資産運用に関して20代から相談を受けたことが数回あったんですね。

1件はお酒の席での話で、最近めっきり酒に弱くなってるので、まともに答えられているのか覚えておりませんが・・

フィナンシャルプランナーの資格も取ろうと思っているものの、持っていない自分が答えていいのかと考えるところもあります。

とはいえ20代ながらに1億貯めたいとか、毎月配当10万欲しいとか、具体的な目標考えている人には、資産運用を6年以上続けて30代になった人間から見て、伝えれることはあるかなと。

実際、自分の20代はなめくさった考えだった部分もありますからね。就職する前に30になる頃には余裕で貯金1000万と甘っちょろい考えでした。

実際に資産運用するようになっても、海外ETFの分配金の増え方なんかを見てると、毎月配当10万の大変さは身にしみてわかりますし、たとえば総資産が5000万とかなるとかなり遠き道のりだと実感します。

結構長い道のりだからこそ、時間をかけた長期的展望が必要じゃないかと考えます。じゃないと途中で挫折しかねないかと。

その意味で20代30代で資産運用始める人にオススメしたい考え方のキーワードはピラミッドですね。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

投資で利益が出てるときこそ、欲望のコントロールが重要ではないか?

desire-20180531.jpg

よく投資でコインを○回投げて表が○回連続出たら・・という例え話が投資関連の本で載ってたりしますが、実際自分の身で体験してみると考えさせられるなと。

競馬を嗜んでおりますが、2週続けて掛け金の2倍以上を回収した状況で、日本ダービーを迎えたわけです。

イケイケな性格ではありませんので、そろそろハズレそうと考えるもののダービーですからねぇ。ふわふわしてしまうものです。

混戦状況で当たればリターンがでかい状況でしたので、ある程度はリスク高めの狙い(MAX10万)でしたが、まさかその右斜め上の大波乱(50万超え)が起きてハズレてしまいました。

まぁ、世の中そんなにうまくいくものではないということで、今週の安田記念も現実的に当てに行きたいと思います。

さて、2週続けての確変状態を経験して思ったのは投資でもまさにいまの状況ではないかなと。

わたしが資産運用を開始したのが2011年ですけど、最初の1年以外かなり恵まれた状況を過ごしています。

もっと資産を増やしたいという気持ちはあるのですが、リスク資産に対してアクセルを踏む気持ちは抑制しなければならないと考えるのです。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。