FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: 投資家
米国株

ジム・ロジャースやバフェット、ソロスといった米国の著名投資家の年齢を調べてみた

09c6ecd339eb51d5579d3f262ca3bf9b_s.jpg

最近ジム・ロジャースのインタビュー記事が経済雑誌のWEBやら日経に載ってるなと思ったら本がでてるんですね。

一応東洋経済の経済本絡みのランキングでは上位に来てましたね。

ただ、個人的に信用しちゃいけないタイプの人間だと思うんですよね。日本株に関して発言がコロコロ変わるという印象があったのですが、まとめを見ると以下の通りでした。

世界的投資家のジム・ロジャーズさん、適当発言を繰り返した結果つじつまが合わなくなる

日本株の上昇は始まった(2013/05/30)
日本株をすべて売り払った(2013/06/10)
日本株を買い増し(2014/01/20)
日本株を買い続ける(2015/03/20)
日本株を買い増し(2015/08/24)
日本株をすべて投げ売った(2015/09/14)
日本株は買いに転換(2016/11/28)

インタビューは日経と現代ビジネスですけど、これ以外でも日本株は二度と買わない的な発言をダイヤモンド、東洋経済あたりでも見かけた記憶があるのですけど・・

なお中国の時代が来るといって香港ならまだしもシンガポールに住んでいたり、娘に中国語を学習させているといいながら、嫁が中国系という話も見たことがありなんだかなと。

そんな中、以下の記事を読みました。

世界景気はどこまで不安含みなのか? – アゴラ

氏は投資リターンという観点から社会を見ていると思います。ただし、76歳の氏がみるその視点はやや古いスタンダードをベースにしているように感じます。88歳のウォーレンバフェット氏の投資リターンも最近は華やかしいものではありません。昨年末の株式相場の下落でアメリカの著名ファンドマネージャー達もずいぶん店をたたみました。ニューノーマルは確かに存在し、基準点が変わったことを認識しないと世の中を判断するのは難しい時代になったということでしょう。

バフェットのリターンが○○という話が出るとフラグな予感もするのですけど、書いてあることは一理あるかなと(ただしバークシャーの運営は後継者がかなりやってると思いますけど)。

一概に年齢で判別すべきものではありませんが、米国の著名投資家の年齢ってあまり意識したことがなかったので調べてみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。