FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のみそじ~福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > タグ: 投資理論
投資哲学・投資理論

ワクチン接種と同じように少しでもリスクを下げるという考え方は投資にも取り入れたい

f37aa5a6ec09e96c19881da2eb2a6c0e_s.jpg

自分の周囲にマスクしている人が少なかったのですが、インフルエンザ流行してるなと先週ぐらいから実感するようになりました。

というのも通勤していて明らかにマスクつける人が急増しましたし、インフルエンザで休む人も目立つようになってきました。

先週人の多い場所にでかけることがありましたけど、流石に人が多いのでマスクをつけて行きました。

同じフロアのある朝、部員が会社に来てなくて連絡もなく騒ぎになっている別の部署があったのですけど、結局インフルエンザだったということがありましたし。

やっぱりワクチン打たないといけないなと今回の流行を見て思いました。とはいえワクチン接種でも感染する可能性がありますけど。

ワクチンに関しては大手新聞記者でもおかしな内容を発信しています。


厚労省の役人の真偽は置いておいて、感染の拡大を防ぐという意味では、ワクチンが必要なんじゃないかと考えます。

同時にこのtweetを見て、リスクについて考えさせられました。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

有馬記念には、投資に必要な逆張りや継続性、忍耐力の要素がある

arimakinen-20181220.jpg

クリスマスが近づいてきておりますが、競馬ファンにとっては有馬記念が大一番になります。

まぁ、ダービーと有馬記念の1年に2回くらいはギャンブル嫌いの人でも、競馬ファンが盛り上がっているのに暖かい目線でいていただきたいと思うものです。

普段はスポーツ新聞の一面になるのはダービーの週とG1のある土日となるわけですが、こと有馬記念は他のスポーツもオフシーズンになるので1週間有馬記念になります。

季節的に冬のボーナスが出た後で、クリスマスの前後且つ年末という空気が、馬券の購入へと走らせているのはあるでしょうね。

ちなみにもうこの記事を書いてる時点で中山競馬場に並んでいる人がいるくらいですが、レース当日人であふれかえっていてもお腹が痛くなるレベルで寒かったりします。

年末ジャンボと違いレースによって配当も変わってくる有馬記念ですが、以下の特徴があり配当が跳ね上がることもあります。


  • 極端な内枠有利、外枠不利。
  • 傾向的に先行有利。
  • ファン投票のレースなのにファン投票1位の勝率は26%程度。
  • 凱旋門賞や天皇賞秋、ジャパンカップを経ての最後が有馬記念なので、消耗していて力の出せない馬がいる。
  • 天皇賞秋やジャパンカップが開催される東京競馬場とコース形態が異なるため、東京競馬場で好走した馬がぼろ負けすることがある。

個人的には比較的得意なレースなのですが、過去を振り返ってみると、投資に必要な「逆張り」「継続性」「忍耐力」の要素があるんじゃなかろうかと。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

今がリスク資産にとって最悪の時だった場合、投資方針をどうすべきか?

justice-2071539_1920.jpg

株価が冴えない状況になってきましたので、ポートフォリオに関して変更を示唆するような記事も見かけるようになってきました。

ただ、まだ10%くらいの下落ですので現時点程度の下落で戸惑っているようだと、本当に20%とか30%を超える下落になった場合に精神衛生上非常によろしくないような状態になるポートフォリオであるならば、運用方針の根本から見直す必要があるでしょうね。

そんななかレイ・ダリオの興味深い発言を見つけました。

レイ・ダリオ:今はリスク資産にとって最悪の時

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏は、現在が資産保有において最悪の時期だと話している。
ディフェンシブでバランスのとれたポートフォリオを心がけるよう説いている。
「失業率は低く、中央銀行は金融政策を引き締めている。これは価格構造に反映される。だから、今は資産保有にとって最悪、リスクの高い時期なんだ。」

リーマンショック以降の金融緩和で株式だけではなく、不動産や債券、金あたりにも資金が流入した時期が続いた状況です。

ですので、通常の株価の調整時に守りの役割をする、債券や金も厳しい時期なんじゃないかという指摘は一理あると思います。とくに金は2000年代に相当上がってますし。

もちろん過去のデータを見る限りは資金の流出先があるはずなので、すべてダメはなかなか起きない可能性の方が高いのではないでしょうか。

では、レイ・ダリオの言うとおり今がリスク資産にとって最悪の時だった場合どう対処すべきか?

自分なりに考えてみますと、以下の2点かなと。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。