FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: 投資関連本
投資関連本

アマゾン一人勝ち時代をどう生き残る?「アマゾン化する未来」

Bezonomics.jpg

アマゾンに関する書籍は多くありますが、ジェフ・ベゾスの生い立ちから追った「ジェフ・ベゾス果てなき野望」が一番よかったと個人的には考えています。


ただ、初版から7年近く経っていて、アマゾンも色々な取り組みに関して進展がありました。

その進展状況と今後ビジネスは他の企業もアマゾン化していくと指摘するのが「アマゾン化する未来」です。


英語のタイトルが「Bezonomics(ベゾノミクス)」だったりして、こっちの方が邦題でもよかったんじゃないかという気がしますが。

Amazonがこれまで取り組んできたこと、これから取り組もうとしていることがわかりやすく説明されていました。

同時に他の企業はどう対抗するかや独禁法まで言及されていて、読んでよかったと思いましたね。

スポンサードリンク
投資関連本

やっぱり逃げるは恥だが役に立つ?「逃げて勝つ投資の鉄則」

silhouette-114436_1920.jpg

年末年始はゴールデンウィーク、夏休みと並んで1日1冊ペースで本をかなり読むので、年明け一発目はこれはという本を紹介するようにしています。

去年はFIRE本だったわけですけど、今年はもう1冊と悩んで素直に投資の本にします。

ちょうど2日に逃げるは恥だが役に立つがありましたけど、それに賭けたわけではないのですがタイトルは「逃げて勝つ 投資の鉄則」です。


田中泰輔氏はアメリカ・欧州・日本の大手金融機関9社で通算35年間も市場戦略業務を担ってきた人で、各種メディアでも取り上げられてる人です。

このタイトル読んだら短期的に高リターンとかスイングトレードなんかをイメージする人は多いかと思います。

しかし、内容としては「コア・サテライト投資」を推奨していて、長期投資が基本で短期中期の資産ポートフォリオを経済金融の仕組みやメカニズムを理解し、予測・予想や憶測によってではなく事実によって豊かな資産形成を目指す方針です。

個人的に全面賛成というわけではないですけど、整理されてる点でなるほどなと思うところは多かったです。

スポンサードリンク
オススメ本

2020年下半期に読んだ本の中で、年末年始にオススメしたい13冊を紹介

1800599_m.jpg

上半期ほどではないものの行動が制約される中で2020年が終わろうとしています。

コロナ騒動の影響で図書館が1カ月半使えない状況になりましたので、上半期読んだは60冊程度でしたが、下半期は70冊まで復調しました。

10~11月忙しかった分、2019年下半期の80冊届かずといったところですね。

2020年上半期に読んだ本の中で、オススメしたい12冊を紹介 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

バタバタしまくった上半期が終わりました。コロナ騒動の影響で図書館が1カ月半使えない状況になりましたので、2019年下半期は80冊を超えていたのも、60冊まで減少しました。...

相変わらずタイトル詐欺のような本もつかんでおりますが、いいなと思った本は20冊以上あったかなと思います。

下半期が終わり、下半期読んだ本の振り返りと言うことで、個人的にオススメしたい本を13冊(上下巻を1冊でカウントしたのが2つあり)を紹介します。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。