FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: 投資関連本
投資関連本

スポ-ツはポストモダン産業の旗手となれる?スポーツの経済学新装改訂版

football-stadium-3404535_1920.jpg

今週末からJリーグも開幕しますし、プロ野球もオープン戦が始まる季節となりました。

コロナウイルスの影響が気になるところですが、比較的日程や試合(競技)会場が変えられるのは東日本大震災時の実績から明らかな、サッカーと競馬の動向次第じゃないかと思います。

そんなスポーツは5G開始とともに伸びしろがあるんじゃないかと考えています。


オタク経済圏創世記を読んだが、アニメ・ゲームとスポーツの市場価値は今後更に上がると思う - 関東在住福岡人のまったり投資日記

アニメとゲームを大人になってもやってる人は・・という思想はわたしが小学生くらいの25年前頃はあったと思いますけど、2008年あたりを境目にいまではすっかり市民権を得たと思います。...

そんなスポーツの経済学的なものを外国事例も含めて網羅した本があればと思ってたのですが、ちょうど新装改訂版の出た「スポーツの経済学」という本がぴったりだろうと思って読みました。

著者の小林至氏は東大出身の元プロ野球選手で、2005~2014年福岡ソフトバンクホークス取締役を兼任していました。

杉内の移籍の際に揉めたのは間違いないのですけど、選手との関係には苦慮していたのはあるでしょう。

個人的には杉内の移籍は杉内の弁護士も胡散臭かった(契約更改の場に本人がいなかった)ですし、結果的にあの後数年しか杉内が投げれなかったのを見たらそこまで悪いことじゃないと思ってます。

ただ、三軍制導入や福岡ドームの買収がいまのホークスを作り出したことを考えると、評価されていいと思うんですよね。

世界や日本のスポーツ市場について2015年に書かれた本の改訂版で2018年頃のデータも載っていて、「ボルシア・ドルトムント」や「オリンピック・リヨン」に投資をしている身としては非常に参考になりました。

スポンサードリンク
投資関連本

「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」は会社に縛られないお金を作るシンプルな方法を説いた本

Your-Road-Map-to-Financial-Independence-and-a-rich-free-life.jpg

山崎元氏がダイヤモンドのコラムで久々に書籍を紹介していて気になったので、「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」を購入して読みました。

タイトルだけ見ると投資の本という印象です。


去年同じダイヤモンド社からでた「父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。」にタイトルの付け方が似てるなぁとも思いますが。

著者のジェイエル・コリンズ氏はフィナンシャルブロガーで1975年から投資を行う個人投資家で、2011年に娘宛に「お金と投資」について手紙をしたため、その内容をブログに発表して世界中から注目されるようになった人です。

バンガードの創業者ジャック・ボーグルを心酔しているものの、1975年の投資開始時からバンガードに投資をしていたというわけではなく、さまざまな経験を得た末に、この本で述べる方法にたどり着き、働かなくても暮らせる状態を得ています。

1990年初めの数年間2人とも仕事がなくなった時期があったりするので、その点の詳細が言及されていないため、2011年に経済的自由に至るまでの間に個別株→インデックス投資に変わった時期がわからない点は割びく必要があるでしょう。

とはいえ「会社から自由になるためのお金を早く持つべきだ」という主張は、投資→セミリタイアを思考する人は読んでおいて損はない本だと思います。

スポンサードリンク
投資関連本

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。お金は「歴史」で儲けなさい

money-history.jpg

数年前読もうとしていた本があっても、他の本を優先していたらいつの間にか忘れてしまって、文庫本が出た時に読もうとなるときがちょくちょくあります。

最近はさらにバビロンの大富豪みたいに漫画版というパターンも増えてきている印象ですね。

そんな一冊として加谷珪一氏の「お金は「歴史」で儲けなさい」がありました。買おうとしていたのにいつのまにか忘れてしまってましたが、この度文庫本が出て気づきました。


個人的にはお金持ちの教科書の「5000万貯めると違う世界が見えてくる」という考え方は気になるなと思ってるので、現時点での当面の目標としているのは5000万です。

お金は「歴史」で儲けなさいは5年前出版の本なので、加筆修正されている点と、歴史から長期にわたって予測する点のを考えると読んでよかったなと思います。

そして、今後インフレがじわじわ進むことや、円安になることなど個人的な考えに近いことが書かれてますので、本の内容で書かれたことについて自分の考えを整理してみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。