FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: 朝倉智也
海外ETF

2016年 米国投資のはじめ方 米国株式・ETFセミナーに行ってきました

モーニングスターが4月に米国株式、海外ETFのセミナーをやっているのですが、場所が東京駅で割と便利ですし、パネリストにウィズダムツリー・ジャパンの人が入っていたので、興味を持ったので行ってみました。東京駅からそんなに離れてないやろとなめていたら大手町まで距離があって10分遅刻してしまいました。

総武快速線使うと地下からあがるので時間を甘く見ると東京駅周辺でやらかすのでご理解ください・・

内容は各項目ごとに分けてまとめると以下の通りです。

第一部 基調講演 米国株市場の魅力と米国株投資のはじめ方


マネックス証券株式会社執行役員 チーフ・ストラテジスト 広木隆氏

  • アメリカは企業が株主の方を向いた施策を取っている。日本は政府が言わないとやらない
  • まっさんの話の中で出資してくれる人が文句を言う場面がある。戦前は株主の発言が強かった。戦争で変わった。アニマルスピリッツをもった投資家が減りお役所的な企業が増えた。
  • アメリカの株主主義は行き過ぎてる部分もある。自分が幹部の時稼げばいいというのも増えてる。社債出して自社株を買っている。債務超過の企業もある。
  • 移民を抜いても人口が伸びている。ただしこれは難点でもあり、所得別で分けると、中間層が最大数ではなく、富裕層と貧困層足して中間層を超えている。先が読めない。
  • 過去から給与のリターンより資本のリターンが経済成長より大きかった。ピケティは賛否両論あるがこの件に関しては大発見。不労所得の方が伸びが大きい。
  • CAPEシラーの指数は25倍超えたら危険。アメリカは割高に近いので警戒が必要。

広木さんの話を生で聴くのは初めてでしたが、話をするのが上手いなぁと思いましたね。また、単にアメリカがいいというだけではなく、話の中で現状のアメリカにもこういう問題点もあるというのを言っていたのがよかったですね。

ピケティの話を聞く限り我々30代はやはり株式投資を行い少しでも資産を増やしていくことを心がけることが必要なんじゃないかと強く思います。セミナーの中では間違いなく平均年齢を下げている部類でしたがw

CAPE指数は高めではあるけどそこまで下がることもないのではないかという話でしたね。私も同意見ですが今後はどうなりますかね。

さて、この後2部から4部についても簡易的にまとめてみました。特に4部はよかったですね。

スポンサードリンク
投資関連本

お金持ち入門 資産1億円を築く教科書を読んで

図書館の投資関連の検索で引っかかった本で、タイトルでどうなのかと迷いましたが借りて読みました。

非常に分厚い本なのですが、1文字がかなり大きく意外とすらすらと読めます。

資産の作り方を多角的な範囲から説明していく本で、
株式投資の部分ではひふみ投信の藤野氏、貯蓄や保険に関しては貯蓄に関する本を多く書かれている横山光昭氏、更に投資信託はモーニングスターの朝倉氏と、各項目ごとに専門家が解説したものを一冊にまとめたものです。

名前を挙げた方以外でも新興国市場研究家や不動産投資の専門家もいましたので、一人一人にインタビューしていく形でもよかったのでは?とも思えてきますが、インタビューだと更に本が分厚くなってしまうのでしょうねw

特に印象に残ったのは株式投資のところでしょうか。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。