FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: 橘玲
オススメ本

自己啓発本の内容を科学で分析して見えてきた成功の傾向とは?残酷すぎる成功法則を読んで

hijab-3064633_1280.jpg

4月、5月となると年度末の忙しさから解放されてどうしても燃え尽き症候群になってしまいがちです。

重度の5月病発症とまではいかないのですが、モチベーション上げるためなんでしょうか自己啓発本を1冊は読んでいる気が。一応重複しないようにはしていますし、取り入れれるものは取り入れたいと思うのですけどなかなかいかないものです。

で、実際のところ内容の重複も見られる自己啓発本の内容ですが、「成功を強く望めば叶う」的なものとか実際のところ再現性あるのか?という気もします。

そんな自己啓発本に書いてあるような内容をエビデンスをもとに検証した、残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学するを購入して読みました。


この本は、「ウォール・ストリート・ジャーナル」「タイム」などの有名媒体に寄稿し、大企業のマーケティングにも関わる、アメリカの人気ブロガーであるエリック・バーカー氏が、世の中に流通するさまざまな「成功法則」を、豊富な例と科学的な理論を元に検証したものです。

ちなみに監訳は橘玲氏が担当しています。

世の中にあるパターン化された自己啓発本に書いてある内容を行動経済学で検証した感じで、多面的な情報がつまっていてただの自己啓発本ではない感じです。メリットデメリット両面を説いてそのあとに結論という形もよかったですね。

腑に落ちた部分を何度も読んでピックアップするのがよいと考えますが、自分でも取り入れたいし、他人にもオススメしたと思ったのは以下の7点ですね。

スポンサードリンク
投資関連本

制度のゆがみをついて黄金の羽根を手に入れろ!新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめを読んで

ougonnohane-20170922.jpg

幸福の「資本」論―――あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」を読み増して、橘玲氏の著作をほかにも読んでみようと考えておりました。

関連記事:未来を決める3つの資本とは?幸福の「資本」論を読んで

そしたら、ちょうどいいタイミングで、新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ (幻冬舎文庫)の文庫版が出たので購入して読みました。

2002年に発売された本の改訂版で、初版から時間が経ち、法改正等があったため内容が古くなっているところを追記・修正したものです。基本的には当時のままで文章を構成されています。

冒頭の1995年に大きな転換点で橘氏が投資を始めた経緯に関しては記事を書きました。

冒頭部分の内容の記事:時代の大きな転換点が投資を始めるきっかけになる。私にとって特別な年は2011年だった。

今回はそれ以外の①収入、②住居、③制度のゆがみについて書きたいと思います。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

時代の大きな転換点が投資を始めるきっかけになる。私にとって特別な年は2011年だった。

toushi-start-20170915.jpg

7月に橘玲氏の幸福の「資本」論―――あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」を読みまして、個人的には現時点で下半期読んだ中でのナンバーワンの本となりそうな状況です(まだ2か月ちょっとなので年末には変動しているかもしれませんw)。

未来を決める3つの資本とは?幸福の「資本」論を読んで

ちょうどこのタイミングで「新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ (幻冬舎文庫)」という2002年に出版されて2015年に加筆・修正が加えられた本の文庫版が出ましたので、早速購入して読みました。

持ち家と賃貸や外国投資など多岐にわたる内容ですので、全編は後日あらためて書く予定なんですが、今日ピックアップしたいのは本の最初に書かれた「1995年という特別な年」という項目ですね。

橘氏は個人的な心境の変化もあり、この年に出版社から独立したわけですが、この年は確かに象徴的な出来事が多いです。


  • 阪神大震災
  • オウム事件
  • ウィンドウズ95発売
この後、橘氏は外国への投資も始めるわけですが、読んでて個人的に思ったのは自分にとっての2011年と同じだなということです。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。