FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: 海外ETF
海外ETF

米国外増配株式ETFのVIGI、米国外高配当株ETFのVYMI、EIS、EWLなど米国外に投資しました。

636e5fe909b22214677bab9f4adf2cd1_s.jpg

12月になりまして、為替もやや円高ドル安方向に動いたのでぼちぼちボーナス枠で投資を開始しました。

購入するETFは先週決めたので、木曜金曜と4本ほど購入しました。

2019年冬のボーナスの株式部分はVIG:HDV:サテライト枠=4:4:2で行きます - 関東在住福岡人のまったり投資日記

ボーナスの評価に関してはまだですけど、大まかな金額は判断がつくようになったので(成績的に悪い方がないのは部の業績的にも確定)、投資用の口座に予測金額の9割分移管しました。ということで今週木曜金曜とぼちぼちですが投資を始めています。...

いまの株価は割高というのはその通りだと思うのですけど、いつ暴落するかとか調整に入るかとかわかならいというのがここ数年の傾向。

ならば一定数買い続けて下がった時を拾うのがいいかなと。

ということでまずはサテライト枠で4本ほど購入しました。

スポンサードリンク
レラティブ・ストレングス

不調だった小型株や新興国株もかなり好調。海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2019年11月度編

relative-strength-161212.jpg

移動平均線を用いた手法であり株式投資でもモメンタム効果に近いものが得られる投資法であるレラティブ・ストレングス。

それを主要な海外ETFの値動きに適用して確認し、移動平均線を見ながら相場の転換点(BUYシグナル→SELLシグナル、SELLシグナル→BUYシグナル)が近いかを確認するのに役立てるというのがこのシリーズの主な目的です。

概要と検証記事

レラティブ・ストレングスってナンだ!?
レラティブ・ステトレングスその2~検証編~
レラティブ・ステトレングスその3~調査結果の記録~

3,6,12ヶ月リターン計算方法
①3ヶ月リターン = 直近月末価格 ÷ 直近月末から3ヶ月前の月末価格 - 1
②6ヶ月リターン = 直近月末価格 ÷ 直近月末から6ヶ月前の月末価格 - 1
③12ヶ月リターン = 直近月末価格 ÷ 直近月末から12ヶ月前の月末価格 - 1
④3,6,12ヶ月リターンの平均 = (①+②+③)÷3
⑤12か月移動平均 = 12か月分の合計÷12
⑥3,6,12ヶ月リターンの平均がプラス 且つ 市場価格が12カ月移動平均を上回った場合BUY、それ以外はSELL。

前回の結果は以下の通りです。

欧州株や新興国株も復調した海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2019年10月度編 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

移動平均線を用いた手法であり株式投資でもモメンタム効果に近いものが得られる投資法であるレラティブ・ストレングス。それを主要な海外ETFの値動きに適用して確認し、移動平均線を見ながら相場の転換点(BUYシグナル→SELLシグナル、SELLシグナル→BUYシグナル)が近いかを確認するのに役立てるというのがこのシリーズの主な目的です。...

ドル建てで先月はどうだったのか確認してみます。

スポンサードリンク
海外ETF

2019年冬のボーナスの株式部分はVIG:HDV:サテライト枠=4:4:2で行きます

bornus-HDV-VIG-20191207.jpg

ボーナスの評価に関してはまだですけど、大まかな金額は判断がつくようになったので(成績的に悪い方がないのは部の業績的にも確定)、投資用の口座に予測金額の9割分移管しました。

ということで今週木曜金曜とぼちぼちですが投資を始めています。

先週時点で金額は1ドル109.5円で計算していましたけど、今週入って108円台に逆戻り。ドルで配当再投資するぶぶんもありますけど、想定よりも余ったら余分に買うかもしれません。

さて、債券部分は適格社債→新興国債券に変えることにしましたが、株式部分は今週考えました。

2019冬のボーナス枠の投資で新たに新興国債券ETFに投資します - 関東在住福岡人のまったり投資日記

明日から12月ということで、海外ETFを使った冬のボーナスの投資をどうしようかと今週検討をしました。ちょっと円安方向なので、やや高めに見積もって1ドル110円で計算しているんですけど、債券も株式も6月と比較して上昇している状況。...

これだけ株価が上がっていると怖さがありますけど、タイミング当てれるなら雇用統計が発表される前に買ってるでしょうから、ルール通りにした方がいいかなと。

ということで株式部分に関してはコア部分はいじらず、実験枠でいろいろと試すことにしました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。