FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: 海外ETF
海外ETF

オルタナティブ資産に区分される資産に投資する海外ETFと株価の相関性

Alternative-20190905.jpg

先月終了時点の資産集計を終わって、各ポートフォリオを構成するファンドなりETFを見ておりますと、債券を持ってると下落のクッションになってるなというのが実感できました。

ただ、アメリカはともかく欧州や日本の低金利は行き過ぎている意見は意識しておいて損はないと考えておりまして、じゃあそれ以外の資産ってなによ?と考えたくなります。

アセットアロケーションの最適化というポートフォリオの構築手法について書かれた本では、株式、債券以外にオルタナティブを上げていました。


ウェートは10%以下にしておくのがいいと書いてありまして、レイ・ダリオの全天候型ポートフォリオ(黄金ポートフォリオ)と近い比率を想定したポートフォリオが提起されていました。

具体的な投資先のETFも書かれていましたので、読んでいて株式との相関性とかどうなのかな?と思いまして(データが2年前のもの)調べてみました。

スポンサードリンク
レラティブ・ストレングス

債券ETFの価格が暴騰、ヘルスケアセクターが冴えず。海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2019年8月度編

relative-strength-161212.jpg

移動平均線を用いた手法であり株式投資でもモメンタム効果に近いものが得られる投資法であるレラティブ・ストレングス。

それを主要な海外ETFの値動きに適用して確認し、移動平均線を見ながら相場の転換点(BUYシグナル→SELLシグナル、SELLシグナル→BUYシグナル)が近いかを確認するのに役立てるというのがこのシリーズの主な目的です。

概要と検証記事

レラティブ・ストレングスってナンだ!?
レラティブ・ステトレングスその2~検証編~
レラティブ・ステトレングスその3~調査結果の記録~

前回の結果は以下の通りです。

欧州株と新興国株は先月から予兆があったように見える。海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2019年7月度編 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

移動平均線を用いた手法であり株式投資でもモメンタム効果に近いものが得られる投資法であるレラティブ・ストレングス。それを主要な海外ETFの値動きに適用して確認し、移動平均線を見ながら相場の転換点(BUYシグナル→SELLシグナル、SELLシグナル→BUYシグナル)が近いかを確認するのに役立てるというのがこのシリーズの主な目的です。...

ドル建てで先月はどうだったのか確認してみます。

スポンサードリンク
海外ETF

iシェアーズの国別ETFの資産規模を見ると一番小さいのはノルウェー、では一番資産規模が大きい国は?

globe-32299_1280.png

先日、ノルウェーのETFの話になってiシェアーズのENORというノルウェーに投資するETFを紹介したのですが、これがなぜかサクソバンク証券で取り扱いがありませんでした。

一応Global X MSCI Norway ETF(ティッカー:NORW)というETFがサクソバンク証券で取り扱われてるようです。

もしかしてiシェアーズの他の国別のETFでも取り扱いないのあるんじゃなかろうか?ということで、MSCIの指数になってるものをブラックロックのHPから引っ張ってきて調べてみても、サクソバンク証券で取り扱いがないのはノルウェーのENORだけ。

本社のデンマークの隣という立地からなにか複雑な背景でもあるんでしょうか?

ブラックロックのHPからExcelでダウンロードしてみて、もしかして資産規模が原因と思って見たらなんとノルウェーがETFの中で一番小さいという結果に。

それ以外にも単一国のETF(小型などは除外)で資産規模で並べてみるとなかなか興味深い結果になりました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。