FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: 竹中正治
米国株

株価予想に定評のあるニトリの似鳥昭雄会長や竹中正治氏が唱える景気後退2020年説

place-name-sign-2020.png

年末になってブログ一気に書き溜めたろと思っていた部分があったのですけど、今年は12/31までニューヨーク市場はやってるんですよね。

年間のパフォーマンスのまとめ記事に関してはきっちり1年で見たいという妙なこだわりを持ってますので、集計から始めて興味を持った対象まで見つけ出すとなると時間もかかるので年明けからになりそうです。

さて、12月の株価の下落で悲観的な記事も増えてきました。

ただし記事の中にはハイパーインフレ芸人的な人物が書いたものもあるため、経済史の記事を読む場合は情報の判別もバイアスがかかってないかを見ることが重要です。

外国人投資家のインタビューとかもありますけど、明らかに中国ロシアに偏重しまくってるジム・ロジャースなんかは、実際は売買してなかったとか、売り払ってたというのがあるので信用していません。

とはいえバフェットやシーゲル的な強気な識者以外の意見も、投資を行う上で参考にした方がいいと個人的には考えてます。

景気循環という意味で参考になるのはレイ・ダリオと考えます。

個人的な印象としては2019年景気後退開始の印象でしたが、年末時間があるときに見直してみると、「2019年に転換期」という形で経済鈍化の開始というニュアンスが多めかなという印象。

ダリオ氏:2年後の米経済下降を予想、次の危機はドルが主役に - Bloomberg

資産家でヘッジファンド運用者のレイ・ダリオ氏は、米国は2年後に景気が下降に転じる可能性が高いとの見方を示した。またドルは大きく下落すると予想した。

実際2年後というフレーズも結構多く出てきてるんですね。

根拠としては景気刺激策の息切れが1年半後という見立てなんでしょうね。

ヘッジファンド運営会社ブリッジウォーター・アソシエーツを率いるダリオ氏は12日、ブルームバーグテレビジョンのインタビューで、現在の減税による景気刺激策の効果は約1年半後に衰え始めると指摘。

景気刺激策の恩恵を受けそうなAmazonが下がってるのを見ますと、予想よりも早く景気後退が近づいているような印象ももちますが、どうなることやら。

そんな中、日本の識者の中でも2020年頃から景気後退説を唱える方がいるんですね。

スポンサードリンク
投資関連本

稼ぐ経済学を読んで

実際の資産運用の観点から経済学を知れば、景気の好不調やバブル期、バブル崩壊もチャンスに変わる的な書評に惹かれて「稼ぐ経済学」を買ってみました。

一部実物不動産絡みの記載があるので、まぁ、勉強にはなりますがこの章は読まなくてもいいかなと思います。それ以外は金融知識や理論がかなりわかりやすく解説されつつ、投資かとしての実体験を上手く伝えようとしている点に好感が持てます。

現状かなりの上昇相場ですが、投資という面ではバイ&ホールドを行うにしても、「安い時に買う」ということは重要になると思います。この本はその相場の転換点や安い時の見極めや見当をつける手法を解説していますので非常に参考にしようと思います。

今後の資産運用のポートフォリオに関しても記載があるのですが、竹中正治氏はデフレの脱却の可能性と国債暴落リスクの両方を考えて、耐インフレ型にシフトしておくことを言及しています。

全体から抜粋するとこんな感じなのですが、各章で気になった点についてピックアップしていきます。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。