FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: 第4次産業革命
投資関連本

2030年医療はどうなる?医療4.0 第4次産業革命時代の医療を読んで

iryou4-20180810.jpg

今後伸びる産業というと情報技術関連だとは考えますが、欧州や日本、中国など世界的に高齢化が進むに当たって医療・ヘルスケア関連も大きな伸びしろがあるのではないかと考えています。

だからこそバンガードのヘルスケアセクターETF(ティッカー:VHT)をボーナス毎にちょびちょび買い足していってます。

ですので業界にいる人間ではありませんが、将来的にどうなるかについての展望が書いてある本は読んでいく予定。

今年読んだ「ヘルスケア産業のデジタル経営革命」は将来のヘルスケアに関わる企業を4つに分類し、特徴を示しているもので、製薬会社や医療機器メーカーに起こりうるパラダイムシフトを把握する上ではいい本だと思います。

ヘルスケア産業の次世代ビジネスモデルと最新戦略とは? - 関東在住福岡人のまったり投資日記

将来的に発展する可能性のある業種(セクター)があるとすれば、情報技術セクターが壱番目に上げられるわけですけど、現状のハイテク株の上昇っぷりをみると投資するのには躊躇ってしまいます。と...

ただ、あくまでアクセンチュアのコンサルが書いているものですので、実際の医療の現場に携わる医師の意見ってどうなのだろうなと思いました。

また、内容的に洋書ですので日本の医療の動向に関しても気になるんですよね。

その解となりそうな「医療4.0」という本が出ていたので、購入して読んでみました。

2030年に向けての30人の医師の著者との対談軽視の展望が書かれておりまして、今後医療がどうなっていくかのヒントが多く書かれている内容となっています。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。