FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: 米国株
米国株

分散ポートフォリオの利回り2%と厳しめに想定する根拠は、ジョン・C・ボーグルの米国株10年リターン6%予想にある

save-3402476_1920.jpg

先日セゾン投信の取り崩しシミュレーションをテストしてみました。

セゾン投信の取り崩しシミュレーションを試してみたが、50歳5000万が1つの目安となりそう - 関東在住福岡人のまったり投資日記

Portfolio Visualizerでモンテカルロ法を使ったリタイア&逃げ切りシミュレーションを見てみましたが、ドル建てで入力しないといけないこと。...

わたしのポートフォリオは株式と株式以外(債券中心)でだいたい半々なので、シミュレーションではセゾン投信のバランス型ファンドのリターンである3%を入力しました。

ただ、これはあくまでここ15~20年くらいのデータですので、個人的には厳しめになって2%もありえるかなと考えています。

もちろん予測が厳しすぎるというご指摘もエルさんからいただきましたけど、わたしはいまの高PERの状況だと再現性があるのか?と思うんですよね。
その根拠となるのは、いまのとろこ遺作?になっているバンガードの創始者であるジョン・C・ボーグルのあるデータに基づいています。

スポンサードリンク
米国株

S&P500やダウ平均が最高値を更新したけど、次の暴落の種は着実にまかれている

roller-coaster-1701092_1920.jpg

10月から年末にかけて株価が上昇するのは、まさに「Sell in May, and go away; don't come back until St Leger day.」の格言通りで、今年も競馬の大レースが行われるセント・レジャー・デイの9月以降は株価の上昇が続いています。

こんなに早くS&P500やダウ平均が最高値を更新する展開になるとは思いませんでしたね。

警戒感が強いコメントを著名投資家が出しているのは結構見かけますけど、なぜ株価が下がらないのか?というのはまさにテンプルトンの「強気相場は、悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」ということでしょう。


2年前の今頃のビットコインのようにイキってる人なんてほぼいませんし(正月の参拝時にビットコインの価格を話す輩がいた)、NewsPicksでウェーイウェーイな意識高い系も一時より勢いないように見えます。

好きなことして生きていくとyoutuberになろうとしても芸能人が大量参入してきて荒野になりかけてますし、ブログで生きるの人たちもGoogleが検索アルゴリズムをかなり変えて商材系撲滅に動いてます。

ある意味バブルのフラグになりそうな人が出てこない空気になってるのもあるかもしれません。もちろん今週中にでもトランプのtweetの過剰反応して株価が下落は起きうるでしょうけど。

暴落やそこまでいかなくても数割最高値から下がる調整は起きると思うのですけど、それはいつ起きるかと言われると「わからん」というのが正直なところ。

ただし、次の暴落の種は着実にまかれているなと思うところはいくつか数値にも表れているかと。

スポンサードリンク
米国株

山川のアメリカ史から議会の変遷、レーガンとトランプの類似点を学ぶ

trump-america-20191022.jpg

歴史関連の書籍で有名な山川出版社が山川セレクションを創刊して「アメリカ史」や「中国史」が刊行されました。

投資でインデックスファンドと海外ETFに投資をしていますけど、アメリカ重視で投資している現状一度アメリカの歴史は学んでおいて損はないかなと。

ということでアメリカ史の上下巻を読みました。


上下巻通じてトランプ政権の誕生まで、アメリカ史の中の重要な出来事を上手く整理し、全体像がうまくまとめられています。

下巻まで読んでいくと、投資にも関わってくると思いますが、個人的に印象に残ったのは3点です。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。