FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: 行動科学と投資
投資関連本

その努力がパフォーマンスを下げる?「行動科学と投資」を読んで

3395742_s.jpg

アダプティブ・マーケットを先日紹介しましたが、適応的市場仮説は心理学や神経科学の考えを取り入れてますので、投資に関しても神経的・心理学的な考えを取り込んだ本を読みたいなと思ってました。


ちょうどパンローリングで「行動科学と投資」というぴったりな本が出てましたので、購入して読んでみました。

著者のダニエル・クロスビーは心理学と行動ファイナンスの専門家で、主要経済誌にも寄稿している博士です。

本を読んでいてセントルイス・カージナルスの熱狂的ファンというのがわからなくもない考え方が出てくる印象を持ちますが、富という言葉を総体的にとらえて、富と知識を積上げる意味で重要なことが書かれてる本だと思います。

個人的に印象に残ったのは以下の3点ですね。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。