関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > タグ: 読書
投資関連本

エネルギー産業の会社の変革は必須。エネルギー産業の2050年を読んで

energy-2050-utility3-20180209.jpg

数年前の毎週末雪が積もってた年以来の寒い日が続く状況で電気代が上昇中です。

さすがにここまで上がるんか?レベルに達しているため、何かよい方策はないかと来年に向けてという意味でも色々と実験中です。

こういう状況になりますと、電気代もう少し安くならないのかなと。

環境面に優しいということを考えて太陽光という話が一時期盛り上がりましたが、九州の台風の通り道の山の斜面に設置しているのを結構な場所でみたため、本当に環境面に優しいエネルギーってなんぞや?と考えます。

そんなエネルギー関連の書籍で、東洋経済に載っているAmazonの書籍ランキングでも上位に来ているエネルギー産業の2050年 Utility3.0へのゲームチェンジが気になったので買って読んでみました。

この本の肝は東電の社員2名を含めて、電力はどのように変わるのかを利用者側、事業者側の双方の観点から解説しており、今後の原子力発電のあり方についても言及しているところですね。

現状火力でまかなえてたとしても、台湾や中東でなにかあったときに石油が輸入できない事態は十分に想定されます。

関連記事 >> 石油の「埋蔵量」は誰が決めるのかを読んで

以前書きましたが、投資のポートフォリオ的なものをエネルギー政策として構築する必要があるんじゃないかということを再認識させてくれた本でもあります。

個人的に印象に残ったのは以下の3点です。

スポンサードリンク
オススメ本

革命のファンファーレから学ぶ、マーケティングと情報収集の重要性

revolution-fanfare-20180111.png

年始年末は病院も1週間は休みになりますので、年明けの病院って混雑しますよね。

1か月おきぐらいに定期的に通院している病院があるのですけど、そこは9時半開始ですけどかなり混雑しているので、9時ごろ行って読書で30分待つことになります。

で、9時ごろ行ったら先着が2名いてとなりのおじいさんがおもむろに東スポを取り出し競馬の予想をしていたのです。そりゃ金杯があるから仕方ないなと思いちらっと東スポを見たら一面にこの見出しが見えました。

キンコン西野「貯金2億円」発言で“総スカン”危機

ちょうど革命のファンファーレ 現代のお金と広告を読んでましたので、東スポこのタイミングでこの記事かと思いました。

西野氏に関して嫌悪感を抱く人の気持ちもわかりますし、私もどちらかというとそっち側の人間ではあるのですけど、革命のファンファーレを読みますと認識も変わりました。

なぜ西野氏の本が売れるのかに関しても、なんとなくですけど理由が見えてきたからです。

スポンサードリンク
投資関連本

市場が横暴で、下品で、間違いだらけでも投資する。ずば抜けた結果の投資のプロだけが気づいていることを読んで

investpro-20180112.jpg

投資系のブログに関しては結構な数を毎日読んでいるのですけど、他の人がオススメしている本に関してはとりいれていきたいと考えています。

当然、投資スタイルは千差万別なわけでして、インデックスに全力の人から、国内外の個別株に全力の人もいます。

自分の投資スタイルは基本的にホールドですし、投資方針も大きな変更とかはないタイプではありますが、他の考えを噛み砕いて吸収することって全般的に応用可能であると考えます。

総資産が一定額まで行けば、ちょこちょこと個別株をやろうと考えてますので、それに向けた準備というのもあります。まぁ、いずれ個別株投資を始めてもETFと毎月の積立投資がコアではありますけど。

そんななか、投資開始から2年ぐらいで書籍から自分の投資手法にとりいれたものとして、株式市場におけるアノマリーとして小型株効果があるという考えから、ひふみプラスやEXE-i グローバル中小型株式ファンドに投資をしております。

中小型株のカテゴリに今のところ属しているひふみ投信の藤野氏はよく書籍を出していますけど、それ以外の中小型株のファンドマネージャーというと思い浮かぶ人はいませんでした。

そんな中、私が購入する書籍の参考にしているいくつかのブログでずば抜けた結果の投資のプロだけが気づいていること 「すごい会社」の見つけ方が紹介されておりましたので、帰省の移動中に読み終えました。

コンパクトな本で、仮に国内株にガンガン投資をする人にとっては当たり前のことが多いかもしれませんが、

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。