FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > タグ: 読書
投資関連本

ポスト・スマホを見据えた改革内容とは?マイクロソフト 再始動する最強企業を読んで

building-1011876_1920.jpg

マイクロソフトの好調さが記事になることも多いですが、サティア・ナデラのCEO就任が契機となって再び注目を集める形になっています。

企業の理念やどういう改革を行ったかに関しては、サティア・ナデラの自伝であるHit Refresh(ヒット リフレッシュ)に書かれてありますが、経営者から見た視点が中心になっています。

これを読めばマイクロソフト復活の理由がわかる。Hit Refresh(ヒット・リフレッシュ)を読んで - 関東在住福岡人のまったり投資日記

新しいパソコンを買ってから1ヶ月以上が経過しました。Windows10のデスクトップなのですが、親に譲ったWindows8からWindows10にアップしたPCよりも変わってるなぁという印象です。...

じゃあ実際の内部がどうなったのか?社員はどう感じているのかは気になるところです。

マイクロソフトの日本法人の社長や本社の開発のキーマンなど日米の幹部へのインタビューをまとめたのが、マイクロソフト 再始動する最強企業です。

著者の上阪徹氏はITの専門家ではないと書いているように、関係者のインタビューで構成されています。

売上推移などの数値的なものが少ないという印象を持ちましたが、働き方改革のアップデート版的なマイクロソフトの労働スタイルも書かれています。

個人的に印象に残ったのは以下の3点でしょうか。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

GAFA以後の世界で生き残るための武器で重要なのは、「好奇心」と「平均回帰」ではないかと思う

medieval-1753740_1920.jpg

3連休中にマイクロソフト関連の本を読んでいたのですが、マイクロソフトが実施している働き方改革のアップデート版みたいな内容が書かれてたんですね。

これを読むと会社の評価や働き方はどんどん変わっていく流れであることは間違いなく、適応するのも結構大変じゃなかろうかという印象を持ちました。

まぁ、可能であるならばさっさと仕事なんかやめてセミリタイアしたいものですが、それは現実的ではないわけで。

セミリタイアしたいといっても現実的に考えて、あと10年はいやいやながらも働かなければならない想定ぐらいでいたほうがよいかと思います。

そのヒントになる項目としてはGAFAの10章に書かれていたことが参考になるかと思います。

GAFAに続く5番目の騎士となりそうな米国企業はどこか? - 関東在住福岡人のまったり投資日記

Google、Apple、Facebook、AmazonのGAFAを4騎士に見立てた「GAFA 4騎士が創り変えた世界」を読みましたが、本の中では各社のリスクについても言及されています。とはいえ4社のなかでもAmazonはリスクが小さいんじゃないかという印象を持ちましたが。...

著者のスコット・ギャロウェイ氏はこれまで9社ほど起業していて起業家マインドが強く、自身も30代までに最初の結婚、髪、20代は犠牲にしたと書いてます。

とはいえむしろその20代の反省も含めて、大学生含めた20代向けにGAFA以後の世界で生き残るための武器としてあげられている項目は、30代以降でも耳を傾ける必要があるんじゃないかと。

スポンサードリンク
投資関連本

モルガン・スタンレーの新興市場部門・部門長が予測するこれから成長する国とは?シャルマの未来予測を読んで

post-crisis-world-20181005.jpg

投資をする上で、これから成長する国がわかればいいなと思うことはあるものですが、個人的な予想を立ててもなかなかうまくいかないもの。

成長しそうな国に投資をするとなると実際に現地を体験した人のアドバンテージは結構あるかと考えます。実際に訪れてみないとその国の国民性や文化といったものもわかりませんし。

海外旅行に行くような人間ではないので、どうしてもデータから見るという方向に行きます。

リーマンショックから10年経って、新興国株式はアジアの独断場に - 関東在住福岡人のまったり投資日記

リーマンショックから10年ということで、iシェアーズ MSCI ACWI ETF(ティッカー:ACWI)を使って10年でどれくらい景色が変わったのかを調べましたが、アメリカと中国が伸びてそれ以外の日本、イギリス、ドイツなどの先進国のウェイトが低くなり、中国以外の新興国も横倍程度という結果でした。...

おもに新興国の将来予測という意味でいい本がないかとアンテナを張っておりましたところ、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントの新興市場部門・部門長のルチル・シャルマの本を見つけました。

BRICs、VISTAの台頭を予見した人で、2015年にはブルームバーグより世界で最も影響力のある人物50人の1人にも選ばれています。

実はルチル・シャルマの本は昨年、この本の前作のブレイクアウト・ネーションズという本を薦められたのですが、いろいろと他の本も読んだりしていたら、データがアップデートされた本が今年出たのでそちらを優先しました。


550pを超える超大作で読むのには一苦労という感じですけど、とくに新興国へ投資をする人にとっては必読の書だと思います。個人的にこんな国まで行ったの?というレベルで現地の視察に行ってるので、内容は深いです。

本の内容で印象に残った点をまとめますと以下の通りでしょうか?

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。